さて、土曜日に知覚クイズの回答をアップした後、三度イレ・スタ✩にチャンレンジ。


今度は遠巻きに巨大ピンククリスタルのある広場に現れて、ドラゴン・パレードを地上から見上げております。

ピンク色の鱗をした龍がうねうねと空を飛んでいて、あ、メスだね…とか思っています。


この日の私は、まるで白いモクレンの花を逆さまにしたようなローブ?ドレス姿をしています。

頭の上から白いケープのような被りものもしております。

体も西洋人の若い女性みたいで、どっかの聖女かって格好をしていますね。


となりにいるメインガイドのユアンさんが、私を見ても、なにも動じていなさそうなので、これも私のディスクのメンバーの姿なのでしょう。


どこの聖女かな、ま、いっかと二人連れ立って歩いてバロンズ・バーに向かいます。

いつもは上下黒一色の服装をしているユアンさんですが、この日はトップスが白いシャツ姿です。


彼がなぜにいつも黒一色の出で立ちなのかといいますと、私が好きな小説『アルスラーン戦記』のサブキャラ、ダリューンが私のツボでして、そのコスプレをしているのが理由でございます。


こうみえて、私、かなりの男嫌いでございまして、そんな私の警戒心を解くために、彼はあえて私好みの格好をして現れたという、涙ぐましい努力と気遣いの結果なのでございます。アーメン。


二人して歩いていると、知人に声をかけられます。

仙台にお住まいの武闘派の男性ですが、やはりこちらで見かけると3割増ハンサムに見えます。

どうも、フォーカスエリアに行くと、皆さんちょっと美形になるんですよね~そして若返る。


なんだか、うやうやしく挨拶をされてしまいました。

どっかの聖女だからか?


ユアンさんも黒一色でなければ、普通の人にはウチのメインガイドとは分からないと思いますが、まぁそういうこともあるのでしょう。


バロンズ・バーでカプチーノをオーダーして、丸テーブル席に着席すると、ちょっと遠いところで黄色の髪飾りをつけた黒髪の私が見えます。


その姿が消えたあたりでバロンさんとお話をして、関西コミュを間借りさせていただいているお礼を伝えます。

エメラルドグリーンの瞳をキラキラと輝かせながら白いあごを見せてバロンさんは笑顔で対応してくださいます。


こういう無償の出来事に使われるのならば、ここはパブリックスペースですからいいですよ、とか言われております。


そうして、周りの様子を見回しますとオレンジ色の提灯が揺れて、まるで『千と千尋の神隠し』に出てくる世界観に似ているなぁと感じます。


それから、周りの様子を見に行きますと、みなさん想い想いの格好をされていて、パープルのパンクギャル風のひととかいて、あぁ変身願望を満たせるいい場所みたいだな、とか思って歩いています。


左右に屋台があって、お好み焼きとか、たい焼き屋さんもあります。


狐のお面をかぶった和風の人もいて、コスプレを楽しんでいる模様。

老若男女が参加していて、楽しそうだな、うん、子供もいる…。


いや、ちょっと待て!今、小学生がいたぞ!?と思って。


私「お嬢さん、どこから来たの?」


と声をかけると、綿あめを手に持ちながら、携帯で音楽をイヤフォンで聞いています。

首からパペットをぶら下げていて、あ、これ喫茶店で見た子だ、と思います。


ちょっときょとーんとした顔をされて、自己紹介をすると、なんか面白そうだから来たとか言われます。


そういえば、先月岐阜の喫茶店で会って、そのあと、こういうイベントあるからおいでと誘っていたんだった。

今時の子供はすごいな、一発でこれちゃうんだなぁと感心でございます。


そういえば、もうすぐイースターだなぁと思って、たまご型のチョコ(カラフルな銀紙で包まれている)のをプレゼントしてみました。


それで、その周りにいる人にも、ちいさなうずら卵くらいの大きさのチョコを配りましたので、ご記憶のある方がいらっしゃったらいいなぁと思いました。


ではでは、体験報告は以上です✩


皆様、素敵な休日をお過ごし下さいませ♪








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 
スポンサーサイト

11日当日のお昼、京都で夕馬さんのセッションを受けてきた。


その時のやりとりで、あとから思い返して気づいた事に、どうしても自分は責められても仕方のない人間なのだという強い思い込みを持っているようだ、というものだった。


そんな話を月曜日の夜に地元の友人に話していたら、そう感じる原因となるガイドさんとつながってみて?と言われて、アクセスするとインディアンの青年の過去世がでてきた。


彼は、アクセサリー職人で、旅先で他の部族の人に自分の部族のことを深く考えないで話してしまった。

それがきっかけで自分の部族は全滅となり、自分も虐殺されてしまう。

その時に、自分のせいで皆を死なせてしまったという強い罪悪感を感じたようだと説明したら。


その彼の望みを聞いてみて?と言われてイメージすると『母親に抱きしめられたい』、というもので。


そのままイメージすると、彼の周りには同じ部族の人間がたくさん微笑んでいて、一緒に光の中に消えていった…というレトリーバルを行う格好になったのだった。


そうか、イレ・スタ✩当日にインディアンっぽい格好をしていたのは、この伏線だったのか…と感じたり。

私がこういう体験をすることにも、なにか意味があるのかもね…なんて思ったりした。


『ゆるし』…そうか、私に連なる魂の中に、許しを求めている者がたくさんいるのかもしれない。

今の私が、ゆるしを行うことで、またそれぞれに変化が波及する。


そして、現代に生きている私に関わる人たちにも、なにかの変化を促すのかもしれないな…なんて思ったりして。


B・Mメソッドを学んだ事が、こんなところで役に立っているんだな、と感じたりした。



ずっと、悩んでいる?事があって、話すと長くなるけれど。

(というか、今までさんざん書いてきたので、うんざりする人もいると思う。)


震災から一年経っていない、2月のイレ・スタ✩で被災地へと意識を飛ばした私は、大勢の人にヒーリングを行う事ができなかった。

私の予想よりはるかに参加者が激減していて、支援を必要としている人に渡せるだけのエネルギーが足りなかったからだった。

軽く4000人ほどの人にエネルギーが行き渡らないと知った私は愕然として、かなり狼狽して、見苦しい姿を晒していた。


なんとかメタトロンや他の存在から力を借りても300~400人程度が限界で、3000人以上の人間に手ぶらで帰ってもらわなければならなかった。


なにが悪かったんだろうって考えていた。


参加者が減ったのは、私のことをディスっていた人がいて、参加を見合わせた人が続出したってのが主な原因だけれども、それだけじゃなかった。



そもそも、私は自分のブログでそういう風にヒーリングをしているってことを説明していなかった。

なんでかっていうと、そういうスタイルをとり始めたのがその前月からだったから。


東北地方の日本神界の存在とアクセスして、自分はこれこれこういう者で、困っている人の手助けがしたいので、一箇所に集めてもらえると助かる、と持ちかけていた。


これ、ほんとうはイレブン・スター✩コミュニティで先にお知らせしておくべきだった。

私が勝手に先走っていた。


ただ、東北地方にヒーリングのエネルギーを届けます、としか告知していなかったから、参加される人にしてみても、イメージしにくかったんだろうと思う。


それに、やっぱり私はどこかで焦っていた。

ここで、バシっと決めて、目立ちたいってきっと心の中で思っていた。

自分のガイドと全然会えない焦燥感とか、人を集めてそのエネルギーを支援に使うんだって意気込みすぎていたんだろう。



私は…私はイレ・スタ✩に参加する人たちは自分と同じ気持ちなんだと思い込んでいた。

突然の地震・津波・原発事故。

東北の人たちはどれだけつらい思いをしているんだろう、この出来事に胸を痛めない人なんていない、ぐらいに思っていた。


人の気持ちは変わる。

遠い地方の出来事に時間の経過とともに関心が薄れる人が出てくる。

被災地支援には興味がなくて、知覚アップだけが目的の人も多かったんだろう。

そもそも…そもそも、私が支援を呼びかけていた人たちのそのほとんどが、自分のことでいっぱいいっぱいの余裕のない人たちだったのかもしれない。


私は、お金目的ではない、名声とか栄誉が欲しくてやっているわけではなかったが。

それを信じられない人間もいる。

結果、人助けを売名行為に利用する、嘘つきの偽善者だと叩かれることもあった。


何千人もの人間に失望の眼差しを向けられて、私はかなり辛かった。


その時、リカバリーする方法を思いつかなかったから、私は自分の言葉は相手に期待だけさせて嘘をついてしまうことになるってことに焦ってしまったのだった。




これは、私個人の考え方だけれども。

人生には正念場ってあると思う。


今、ここで、踏ん張らないと!ってタイミングだ。

でも、どうしても、どうしても、頑張れない時ってあるんだ。

心が折れてしまう時もある、それで少し休んで復活できればいいけれど、そのまま死んでしまいそうになるときってある。


そういう人たちに集まってもらっていた。

今、ここでなにもできないってことは、そのまま彼らの死を意味するってくらいの、いやそこまでじゃないかもしれないけれど、ほんとうにギリギリの精神状態の人たちばかりだったのだ。


でも、その場所で、自分一人では何千人もの人のヒーリングを行う事ができない。

私にできるのは、大勢の人の支援のエネルギーを集めて、それを配分する事だったから。

その支援を集めるって事に、私は失敗した。

見通しが甘かったんだ。

自分ではできないことを人に頼って、それがしてもらえなくて、愕然としたんだ。



この出来事はかなり心理的に負荷がかかって、しっかり思い出せなかった。

ここらへん以降、かなりネットで叩かれるようになって、私は心身の調子を崩していって、毎月のイレ・スタ✩を続けるのが精一杯になっていった。





それから、3年半後、私はこの時に集まってもらっていた人の最後の一人をヒーリングし終わった。

私個人には、ヒーリングのスキルはなかったから、ただひたすら相手の話を聞いていた。


相手の目を見つめて、うんうんとうなづきながら、時にはそっと手を握って、背中をさすったりしながら、ひたすら話を聞き続けていた。


仮設住宅暮しをしている独居の人が多かった。

連れ合いを津波で亡くして生きる張り合いがないが、近隣の人の方がたくさん身内を亡くしている。

それを思うと、自分が辛いとは、誰にも話せなくてどんどん寂しくなるんだ、と言っていた。


久しぶりに人に見つめられたと嬉しそうだった。

久しぶりに人とじっくり話をした、と胸のつかえが取れた、と言われることもあった。


そんなことをコツコツと寝ている間に続けていた。

意識は時間を越えるから、私は時間を遡って2012年2月11日の夜11時に何度も何度も飛んでいってひとりひとり会いにいった。


実際には他にも手伝ってくれる人がいて、おかげでたった3年半で終わった。

それが私のレトリーバルだったのだろう。


自分でできることをコツコツする。

それで正解だったんだと思うんだ。







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 

3月11日のイレブン・スター✩の共同探索。

知覚クイズの回答は『シマリス』でした~♪

皆さん、あたりましたか?

体験したことで、他の方と共有してもいいよって方は、このブログのコメントらんに投稿をお願いします。
転載不可なら、そうコメントに書いておいてくださいね。^^



shoes_32[1]





いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 

ま、そんな気持ちもありつつも、月曜日は、そうかー、許すって大事だよな~、キリスト教も赦しを大事にしているもんな~、バスタードのダークシュナイダーも「お前を許す」っつって、カルスを虜にしてたもんなぁ~とか、思いながら出勤しておりましたよ。


月曜日の夜もちゃんと覚えていないな。

火曜日の夜、他に面白そうな共同探索があったのですが、涙を飲んで、イレ・スタ✩リトライ。


今度は、カウントしている場面に上空から現れました。

巨大ピンククリスタル前に、大勢の人垣がひしめき合っていて、まるで銀河。

ざっと1500人くらいはいそうです。


夜空には花火が打ち上がっていたので、ドラゴン・パレードも成功した模様です。

人々が空中にパシュパシュ!と打ち上げられているのを見届けて、バロンズ・バーへ行って。

バロンさんに挨拶をしがてら、飲み物を飲んでいました。


私はカプチーノ、ユアンさんはモスコミュールを頼んでいて、白いスツールと丸いテーブル席に腰掛けていると、あちこちにも同じようにドリンクを楽しんでいる人たちがいました。

紋付袴姿の若い女性が声をかけてきて、挨拶をしていました。


女性「しんじゅさんはいろんな嫌な思いもしたと思いますけど。

それでも、こういうのを続けてくれたおかげでしんじゅさんと会えました。

私は嬉しかったし、そう思っている人たくさんいると思います。

また関西に来たら声をかけてくださいね。」


他の方にも大天使がどうのこうのと声をかけられたと思いますが。

ごめん、私もキリスト教くわしくないんだ~とか答えておりますよ。


そういえば、この時の私の姿は白っぽい服装をしていました。

ゆったりとしたワンピースに髪の毛に小さな黄色の髪飾りがシャラシャラと音を立てています。

真っ黒なおかっぱヘアに鈴なりの黄色の小さな鈴みたいなものが揺れています。

いったい、どうやって、この飾りをとりつけれたかは謎なのですが、なんだか神秘的な感じの女性になっていました。


ま、片手に屋台でもらったいか焼きを持って、歩き食いしてましたけど^^

ユアンさんに、姫はいつも食べ物を美味しそうに食べているよね。

なんだか、それを見ているだけでこっちが幸せな気分になるよ、とか言われております。


あちこちに屋台ができていて、わたあめやアニメのお面やら、イカ焼きや串物のお店や小さなミドリガメの釣り場なんかがあって、完全にどこかのお祭りの雰囲気です。


キャンパスを覗きにいったら、まるでプロジェクション・マッピングのように、色とりどりのお花の画像がいくつも浮かんでは消えて行きました。


周りを歩く人たちも、パジャマ姿の人が半分くらい。

いろんな年代の服装をした、外国の人が半分くらい。

これは、もしかしたら、参加者のガイドさんなのかもしれません。


わいわい、がやがやと雑踏の中を歩いていて。


一年ぶりのイレブン・スター✩だけど、やっぱり気にかけてくれる人はたくさんいてくれたんだなと思ったら、とても嬉しかったです。




あ、「ゆるし」といえば、インディアンの格好をしていた理由がちょっと分かった気がします。

また、記事にしますね~^^






いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 

3月11日の当日は新幹線の中でリアルタイムで参加してきました。


前日の金曜日の夜はやたら眠れず、そして土曜日は終電まで京都で遊んできましたからね。

日曜日の朝っていうか、お昼すぎに目がさめても、ぼんやりしておりましたよ。

どーも、熱っぽい。

京都では、すっごくおいしいバルで夕食を頂いていたのですが、カルボナーラあたりで、なんか喉がかすれる感じがして、パエリアあたりで、味がよく分からなくなっていたので、風邪をひいたみたいですわ。

日曜日にリトライすればいいと思いつつも、体がだるくて、日中はともかく先約があったので、そちらへおつきあいをしておりまして。


夕飯後に帰宅して、せめて土曜日の体験談をアップせねば…で撃沈。


日曜日の夜にもチャレンジしようと思ったのですが…よく覚えておらず。


月曜日の朝、なんか『ゆるす』というキーワードが頭の中に入っていたのでした。


内容を割愛しておりますが、土曜日に夕馬さんに聞いてもらっていた話は、イレ・スタがらみのあれやこれやだったんですわ。

それは、なんつーか、もう、心の中がドロッドロになっていたっていう話でもあって。


でもね、それでも、心象風景的にフォーカスエリアで血の涙を流すくらいつらいことを言われていたのですが、それでも、自分の考えとは異なるけれども、相手の言い分をいったん認めてみたんです。


あぁ、そういう考え方もあるよね?と思えたし。

ただ例えそれが一理ある言葉だとしても、まったく愛のない話でしたので。

私はそれは好みませんわ、という気持ちに収まったら。


あれやこれやの、これでもかのトラブル続きのお話もね、今、振り返ってみると全て自分や、自分に関わる大切な人たちや、目指す方向性にとっては、いい結果になっている、と気づいたのですよ。

非物質の世界で活躍したからって、なにになるの?と蔑まれたのならば。


実際に被災地へと出向いて、現状を知る。

そして、現実的に寄付という形で、支援も行っているし。


思い切って出向いたことで、日本全国各地で、気持ちのよい人物と出会って交流できるようになった。

それは、私にとって、目には見えないけれど、お金には変えられない、とてもすばらしい資産だと思うのです。


辛く、苦しく、嫌な体験も、私にとって、よい出会いを招いたいいきっかけにもなっている。


それなら、いつまでも怒りの感情を持つ必要もないな。

むしろ、その人たちはどうしてその方向へといってしまったのか、残念なことだな、とか思っておりました。


いい、悪いはおいといて、人にはそれぞれ、役目や役割があるのではないかと思います。

私にとって、嫌われ役、敵対者として現れたその人たち。


おそらく愛や承認を渇望していたのでしょうが、あの言動では逆効果でしょう。


今も、あれだけのことをしてあげたのに、どうして自分ばかりがこんな目にあって、悪い人間に利用されるばかりで、誰も助けてくれないんだ?と被害者意識を持っているかもしれません。


嫌なら今までの役割を降りる。

それも自分の選択次第なのだと思います。








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 


しばらく歌を歌い続けていたら集中力が切れてきました。

エネルギー切れのようでしたので、ユアンさんと一緒に関西コミュへと戻りました。


気づくと、私の服装は水色の長袖ブラウスにフリンジがついた姿をしていました。

足元も同様で、長いズボンにフリンジがふりふりと揺れております。


インディアンっぽい格好なのかな?と不思議に思いつつも関西コミュへとたどり着くと。


私「突撃!となりの晩御飯っ!!」


と、自分のスペシャルプレイスではなく、おとなりの『あかりの居酒屋』へと入ります。

店内は落ち着いたホテルっぽい感じの内装になっていて、黒いカウンター席に行き。


私「メロンクリームソーダをくださいっ!」


と、あかりさんのガイドさんのベスタさんにオーダーをしていました。

子供っぽいなぁ~と思いつつも、冷たいものをこちらでいくら食べてもお腹を壊さない。

うししと思いながら、ジュースを飲んでいると、ベスタさんにねぎらわれました。


それから、自分のスペシャルプレイス『カフェ咲咲(さくさく)』へと入ると、居酒屋の設えの店内には入口そばにビュッフェ方式のテーブルがあって、たこ焼きプレートが置かれていて、たこ焼きが並んでいました。

去年は確か、チョコレートフォンデュの機械があって、甘ったるい香りを放っていたなぁ。


私「…まぁ、関西だしね…。

ここ、カフェのつもりだったのに、完全に居酒屋だし、たこ焼き器まで出てきたか…。」


カウンターの奥に、マイガイドの和服美人の八千代さんと正君がいてせっせと働いています。

壁一面には色とりどりの酒瓶が並んで、あきらかに居酒屋になっております。

天井からスルメっぽいのがぶら下がっていて、だいぶ飲み屋らしくなっています。


で、奥へと進むと、大勢の人がガヤガヤしながら、お酒を楽しんでいる様子でした。

やっぱり男性客が多い気がするなぁ。


チラホラと見知った顔もあって、半分ぐらいの人がパジャマ姿でいます。

自分がイレブン・スター✩に参加していると、現実世界では気づいていないタイプの人たちですわ。


やれやれ、今年も盛況ですなぁとちょっと眺めて、お店を後にして。

それから、キャンパスに黄色のひまわりを一輪絵を転写して。


バロンズバーのそばにおいてある、知覚クイズを眺めて。

まぁ、こんな感じだよね、とユアンさんと二人で手をかざしてクイズを補強していたら、『次は、終点、名古屋です。』とアナウンスが流れてきて。


意識をこちらへともどしたのでした。







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 






昨日、3月11日はお昼に京都入りしておりまして、約一年ぶりの夕馬さんのセッションを受けてきました。

その後、あちらの方たちと合流してお茶したり、夕食をご一緒させていただいて、お別れしまして、新幹線で名古屋へと戻る途中に今回のイレブン・スター✩にリアルタイムで参加させていただきました。

知覚がぼんやりしておりますが、大勢の方が参加しておいでです。

ピンク色の巨大水晶に近づこうとしても、人垣ができており、近くへと寄れませんでした。

まるで満員電車のすし詰め状態で、適当にそばにいる人と手をつないで待っていると、男性の太い声が響いて、『始まるよ~1・2・3』とカウントがされて、11時ちょうどにみんなでカゴメカゴメを歌いました。

被災地の方が元気になりますように…と祈りを込めて歌を歌い終わると、そこここから何人かの人が空中に打ち上げられていきます。

で、私もひゅっと空中に浮かび上がって、そのままメインガイドのユアンさんと二人で東北へと目指して移動していきました。


なんとなく、白っぽい服を着ていたようです。

それで、福島の原発の上空に到着すると、他にも何者かの存在が空中に浮かんでおりました。

そこで、自分の背中に先ほどの祈りのパワーを感じておりましたので、そのままふんわりと歌を歌います。


その場にいた存在たちも、ヒーリングのために来ていたようで、なにかをしている感じでした。


それで、私はゆったりと空中を滑空しながら歌を歌っていると、ふんわりと金色の光が地上へと降り注がれます。


すると、今度は地上から、ポロポロと白い丸い珠がいくつもいくつも空へと登って行きます。


それは地上に住む人たちの苦しみとか、無念の想いが詰まったもののようで。

それを私の知覚ではまるで真珠の珠のように見えているようでした。


しばらくゆっくりと空中を滑空しながら、歌を歌い続けて金色の光を地上へと向けて。

そして、白い珠がふんわりと空中を登っていく。


平和を望む祈りのエネルギーが、この地に住む人々の悲しみを吸い上げているんだろうなって思いました。







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 


イレブン・スター☆計画 第四十七弾3月11日夜11時から開催される、東日本大震災の合同レトリーバル&共同探索のイベント

参加表明はこのブログのコメント欄にどうぞ!


ミクシィならこちら→現在準備中


参加する格好や持ち物、乗り物、連れていく存在などを一緒に書き込みましょう♪

こんな行動をするよ、出店するよ、等でもOKです!


参加表明する事で、

他の方も見れる所に書くことで、イメージが固まりやすい

アファメーション効果がある

仮に自分が知覚できなくても、格好などを書いておくと、誰かが知覚してくれるかも?

等々の効果もあると思われるので、是非書き込んで行ってくださいね!

お知らせ


知覚クイズに、関西ゲルの外壁に、白いキャンパスを立てかけてあります。

そこに、自由に書き込みをなさってください。

今月のテーマは「」です。

お好きな花を描いてみましょう♪

お互いにどんな絵があったか、報告しあうのも、共同探索の楽しみですよね♪


参加表明をしたとしても、体調や精神的に不調の時は、レトリーバルを見送ってください。

また、合同レトリーバルに参加する場合には、必ず事前のヒーリングをしておいてくださいね。


この記事のコメント欄は、『参加表明』専用です。

『知覚・体験の報告』は、『報告』用は準備中です。

記録・シェアする事で、体験が濃くなったり、知覚の向上が期待できますので、ちょっとした事でも是非報告してみてね♪

あんまり長文になりそうな方は、ご自分のブログのリンクを張ってくださいね。
(ブログがない人は遠慮なくコメントくださいませ✩)

どうぞ、他の方にも読みやすいコメントをよろしくお願いいたします♪

アファメーションに体験を共有する事を入れるとより良いと思います。

自分では体験できていたか、どうか分からなくても周りの方が知覚してくれる事もありますので、他の方の印象に残るような、目立つ格好の方がいいと思いますよ。

シャイな方は、参加表明なしでも、もちろん全然オッケーです♪

よければ、参加なさってくださいませ☆








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓