夕「えぇ。」


私「と、そこまでたどり着くまでに話がアッチコッチに飛びまくって、なかなか記事に書き出せなかったんですけど。」


夕「えぇ!かなりアッチコッチに飛びまくりでしたわねっ!(苦笑)

話も長くて、ビックリいたしましたっ!」


私「アハハ、そうでしたね~(苦笑)

(注:私の記憶力を試すために、兄の質問がミンキーモモの呪文とか、シャーの名台詞とか謎の会話が繰り広げられている。)

すいませ~ん、いや、書き出すと、あれもあった、これも言ってたってどんどんエピソードが追加されていって、全然終わらなくなっちゃったんですよぉ~。

書き出し始めると思い出すので、自分でも先が読めないって言うかぁ~?

あはは、9月のセッションの内容がやっとこさ10月末に終わった感じでしたね~?」


夕「いえ、いいんですけどね。(笑)

読む方は面白いんですけど、書く方は大変でしょうし。

しかし、さすがの記憶力ですわね~、よく詳細にあれだけのことを再現できると感心いたしますわ。

最近の記事も、かなり突っ込んだ内容になっておりますわね。」


私「はい~。

あのシリーズもまだ終わってなくて、あのあと、二人の進路の事について話し合うんですよ~。

そこにも、大事なエッセンスが含まれている気がして、でも書き出さないと詳細に思い出せないので、ちょっとドキドキしています。」


夕「ほぉ。」


私「私ね、少女時代のことを書き出して、自分でもすっかり忘れていた、自分の『核』?『芯』みたいなものをいくつか発見しました。

まるで自分のルーツを探る旅のようです。」


夕「はい。」


私「いくつか大事なところを発見しました。


母親の死に目に宗教団体に荒らされた過去から、『自分は絶対に霊能力を悪用しない』と決めていたこと。


サイコメトリーで他人の思考を読んでしまっていたからこそ、『嘘をつかないを信条としていた』事。


勇気を振り絞って、父親の暴力を親戚のおばさんに訴えたら、信じてもらえなかった。

父は美しい顔をしているから、許されて、私は醜いから信じてもらえない。

こんな理不尽な事はないと、すごく悔しい思いをしました。


だから、私は『他人を見た目で判断しない』と決めました。


それを、フクちゃんも、お前それでいいよって言ってくれました。

だから、アタシと仲良くなれたんだろって。」


夕「えぇ、そうおっしゃってみえましたね。」


私「私、思い出したんです。

フクちゃんと初めて話したのは、入学してすぐの頃。

同じクラスにいて、彼女が話しかけてきたのがきっかけだったんです。」


夕「えぇ、チョコレートの空き箱を筆箱替わりに使っていた、というエピソードですよね?」


私「はい、私の机の上のチョコの空き箱を見て、フクちゃんが声をかけてきました。


『ナニコレ?もしかして筆箱?』って。


私、正直フクちゃんを見たとき、ビビってました。

見た目が派手でヤンキーだと丸わかりの格好をしていたんです。

でも、彼女はただ、私に質問してきただけだと思ったんです。」


夕「えぇ、そうですわね、彼女は単純に素朴な疑問をぶつけてきただけですわね。」


私「私、気が小さいところがあって、ちょっと怖かったんです。

でも、あの経験から、私は人を見た目で判断しないって決めていたから、ぐっとこらえて、『そうだ』と答えたんです。


そしたら、フクちゃん、爆笑です。

腹を抱えて笑っている彼女を見たら、アレ?この子、そんなに怖い子じゃないんじゃないか?と思ったんですよね。」


夕「えぇ。」


私「それから、なにかと話かけてきてくれて、いつの間にか仲良しになっていたんです。

私が貧乏だから、彼女が気を許してくれたってだけじゃなくて。

私の方も、彼女を見た目だけで判断しなかったから、彼女と仲良くなれたんです。


貧乏だったり、辛いことも多い子供時代でしたけど、普通なら仲良くならないような子とも、腹を割って話せる友達になれた。

今、思うと、すごく貴重な体験だったなって思うんです。

だから、不幸な出来事も、悪いことばかりじゃないなって思うんです。」


夕「はぁ…。

しんじゅさんはね、サラっとお話しされていますけど、ほんとはたくさん苦労があったと思うんですのよ。


年頃の娘さんが、文房具を買うお金がなくて、チョコの空き箱を筆箱替わりにして学校に通う。

教室の机の上にチョコの空き箱を乗せて勉強をする。


それって、かなりの覚悟とか、勇気がいると思うんですのよ。

でも、そこは割り切って、やっていらっしゃったと思います。

そこだけでも普通の娘さんならお辛いところだと思いますわ。」


私「あ…。」


夕「それだけじゃありません。

子供の主張を、親戚のオバはんが八つ当たりも混ぜて、ひどい否定をしてきています。

しんじゅさんは、何も悪くないんですのよ?

それを一方的に、悪者にされて、余計な暴言まで吐かれていますわ。

もう、これだけでも、普通なら、十分、心が折れてしまいますわ。


それを貴方は、自分の糧としている。

しんじゅさんのスゴイところは、辛い体験を、自分を磨く事に換えてしまっている。

そこが、あなたの一番素晴らしいところなんですのよ。」










いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
 

スポンサーサイト

11月京都不思議空間体験談⑳(二つの側面)

11月京都不思議空間体験談⑱(努力)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿