何年か前にみた、夢の話。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




私は夢の中で、若い僧侶になっていた。


若いといっても、10代20代ではなく、30代前半から半ばの僧侶のようだった。

アジアの顔立ちをしていたので、年齢はやや不詳。


私は必死の思いで、山道を登っていた。


黄色の着物の上にえび茶色の布地を袈裟がけするような格好をして、一人必死に登っていた。


凍える息。

心はもっと寒い。


あそこは聖域だと思っていたが、魔窟だった。

自分はなんと見る目がなかったのか。

なんと、非力で愚かだったのだろうか。

このまま、自分は生きていけるのだろうか。


足元から刃物で突き刺されるような思いで、切り立った崖っぷちの山道を登り続けていた。



人の気配がした。

若い西洋人の二人組だった。

鮮やかな赤やブルーのナイロンの登山服を着た男たちだった。


あっと思ったときには、後頭部を殴られていた。


気づけば、どこか薄暗がりの中、自分は何かに紐で縛り付けれていた。

身動きが取れない。


意識が朦朧としていた時点でも殴りつけられていたらしく、目がしっかりと開けることができない。

体中が痛い…。


彼らは英語を話しているようだった。

アメリカ人か、イギリス人か…。


私のつたない英語力では、彼らの言葉を全部は理解できなかったが、好意的でないのは確かだった。


こんなところで捕まっては…。

ここで殺されるのか…。

仲間はどうする…。


どこかで、人の気配がした。

若い女性の声がした。


男たちの『ビッチ』という声が聞こえた。


揉める音。女性の悲鳴。

あぁ、若い女性が襲われているのに、助けることもできない。


地獄のように思われる時間が過ぎた。


気づけば、若い女性が、私の体を拘束していた縄を解いてくれた。


アイスブルーの瞳を持つ、勝気そうな女性が、私を見つめていた。

灰色がかった金色の髪の毛が乱れ、彼女の左頬には地面にこすりつけられたであろう赤い擦り傷ができていた。


私は彼女の顔を見ることができなかった。


『大丈夫ですか』


彼女は私にいたわりの言葉をかけた。


『私の方より、あなたの方が…。』


私はつたない英語で彼女に、そう言うのが精一杯だった。

涙がこぼれた。


若いご婦人が、あんな振る舞いを受けて…。

私は、どれだけ非力なのだ…。


『大丈夫です。あなたを助けにきました。』


彼女はソフィアと名乗った。


彼が手配してくれた、ガイドらしい。

あぁ、疑われない人材を確保した、と言っていたが、うら若き女性とは。


こんな華奢な体で私をガイドしてくれると言う。


私は申し訳なさと、情けなさで、彼女を直視することができなかった。


『こんなの、平気です。どうか気になさらないで。』





彼女の瞳には、私に対する、尊敬の気持ちが込められていた。

こんなに、悲劇的な状況に置かれても、まだ私を信頼している、そう、その瞳が語っていた。


『大丈夫ですか?歩けますか?』



私は気力を振り絞って、立ち上がり、洞窟の出口へと向かって歩きだした。

途中、なんどかよろめいたが、彼女がとっさにかばってくれた。



『大丈夫です。あなたの方が大変なのに、ご心配をおかけしました。』


『いいえ。』



アイスブルーの瞳が微笑んだ。

出口へと立つと、白い山々が並んで見えた。


限りなく、澄み切った青い空。

目に突き刺さるようなブルー。


息が白んだ。



あぁ、ここで、私は立ち止まってはいけない。

同胞が待っている。


私が生きて帰ることを望んでいる。



なんて、私は狭い世界で生きてきたのだろう。

なにを、知っていた気になったのだろう。

ただの、無知で、世間知らずな、非力な男だ。



生きて帰れるかどうか、などと悩んでいてはいけない。

私の背には何万もの同胞の希望が託されている。


これがラマに生まれた宿命なのだろうか。


私はただの平凡な男なのに。





『大丈夫です。歩けます。』





アイスブルーの瞳が微笑んだ。


ソフィア=英知。


彼女の名前の意味をふと、噛み締めた。









いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
 

スポンサーサイト

少女時代64

プレゼント当選者発表♪

comment iconコメント ( 4 )

これって、しんじゅさんに「頑張れ!」っていうメッセージでは?だって、しんじゅさんも過去に男性不信になるような経験をしたんでしょ?過去にとらわれ過ぎずに、立ち止まってはいけない というメッセージだと思います。

名前: takereorin [Edit] 2015-12-09 11:51

Yさま、コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
初めましてでしょうか?
ちょっと失念してしまいました。
もし、よければ性別や年代なとお教えいただけたら嬉しいですね。
ではでは☆

名前: しんじゅ☆♪ [Edit] 2015-12-09 20:34

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
はぁ~…、そういう意味もあるかもしれませんね。
気づきませんでした。
いろんなとらえ方があるんですねぇ、自分では思いつきませんでしたよ。

ではでは☆

名前: しんじゅ☆♪ [Edit] 2015-12-09 20:35

Re: Yとは

コメントありがとうございます。
ブログ読んでくださって、ありがとうございます。

女性の方なんですね、どうぞよろしくお願いします。

あはは、自分では自分のことよく分かりません。^^;
なんか、いい形になれば、いいな~って思っております。

ではでは☆

名前: しんじゅ☆♪ [Edit] 2015-12-16 22:18

コメントの投稿