あかーん!夕馬さんの質問とか、誘導とか、すっかり忘れてしまいましたわっ!!( ̄Д ̄;;


アッポイ脳みそでごめんちょ。


まぁ、アレです。


えっとぉ、夕馬さんが、いろいろ質問を投げかけてくれるんですよね。

それに対して、三人のしんじゅちゃんが、それぞれ答えを返していくんです。


で、下の二人の意見はだいたい一致しているし、現実的な回答なのに対して。

大人のしんじゅちゃんだけが、夢見がちで自分都合なとんちんかんな答えを返しているんですよ。


夕馬さんにハミゴ!ハミゴ!とか言われています。(注:はみ出しっ子の意味かと…。ちなみに、私の地元ではハバチとかハビタとかいいます。)


つまりですねぇ、小さいしんじゅちゃんたちは、インナーチャイルドであると同時に、私の本音、本心、みたいなものでして。


大人の私が、今の私、対外的に対応している人格とでもいうか、まぁ、外面?そんなもので。

本心と、外面がちぐはぐになっているんです。


それを、中学生しんじゅと、幼児のしんじゅに、やれやれ、と諭されてしまうという情けない絵ヅラが私の脳内で再生されているわけです。


読んだことある人なら、分かるネタ『俺はまだ本気だしてないだけ』の主人公シズオとまったく同じシチュエーションでございます…。


チーン…。orz



ま、そんな訳で、インナーチャイルドの私の方が、精神年齢が高かった…的な?

謎い問答がくりひろげられまして、自分の幼さを痛感させられた…という体験でございます。



あうう。。(´д`lll)



夕馬さんとのセッションは、もうちょっと続きますです。








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
 

スポンサーサイト

(ティーブレイク)12月京都不思議空間体験談⑪

(インナーチャイルド)12月京都不思議空間体験談⑨

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿