サ「で、噂を立てられると、馬鹿にされるという気持ちは原因が分かりました。

もうひとつ、目立つと迷惑をかけるという話ですけどね。

具体的に、どこの、誰に、迷惑かけると思っているんですか?」


私「え、いや、それは家族とか…。

兄弟?近所の人に、親戚とか…。」


サ「お付きあい、密になさっているんですか?」


私「え?いや、一人暮らししてて、家族とは会ってないし。

家族ってのも、変だな。

マンション住まいで、近所付き合いもないし、親戚とも全然会ってないな…。」


サ「でも、さっき、おっしゃってみえましたよね?

家族や親戚や近所の人に迷惑かかるかもって。」


私「えっと、なんだ?

アレ、でも、そーゆー風に思っていて。

でも、全然付き合いないわ、なんだ、コレ?」


サ「それと、断ったらハバにされるとか。

仲間はずれにされるのを心配されていらっしゃる。

なにか、具体的に気になることあるんですか?」


私「え?あ、いや、なんていうか、常識?

ウチは自営業をしていたから、近所の目が厳しいというか、好かれとかないと困るというか。

なにかあった時に、助けてもらうためにも、なるべく親切にしておくっていうか、少なくとも迷惑かけないっていうか…。」


サ「今、しんじゅさん、暮らしてて、ご実家の近所付き合いとかあるんですか?」


私「え!?いや、全然。

もう、顔も名前も覚えていない感じ…。」


サ「でも、気にしてらっしゃる。

なぜですか?」


私「えっと、だって、でも、気にしておかないと、家族に迷惑がかかると思ってて。」


サ「どなたです?」


私「え?兄弟とか?」


サ「どうして、しんじゅさんのふるまいで、ご兄弟に迷惑がかかるんです?

一緒に暮らしているわけでもないのに?」


私「え?あ、そうか…。

なぜだ?おかしなことを言ってるぞ?」


サ「それは、お母様の刷り込みだからですよ。

ご実家がご商売をなさっていた、となれば、どうしてもご近所の付き合いが重要になってきます。

お母様の価値観を、しんじゅさんに染みこませていた。


でもね、頼まれごとを断ったら、まわりに迷惑がかかる、なんて、おかしな話しですよ?

断られた人が、その時考えればいい話で、しんじゅさんが抱え込む話じゃないんです。


さきほどのお父様の話もそうです。

人の気持ちのわからない奴、もう、知らない、でもいいんです。


それを、わざわざ、お父さん、恥ずかしいことを辞めて、って相手の課題に踏み込んで心配していらっしゃる。


これね、普通、子供が親にすることじゃないんです。

親が子供にすることだったり、せいぜい夫婦がお互いの為にやることなんです。

どうして、こうなっていると思いますか?」


私「え?どうしてって…。

いろいろ考えちゃって、気づいちゃったから?」


サ「ん、それもあるんですけどね。

最初に質問させていただいた内容はね。

どうして、しんじゅさんは、自分らしさを出していないんですか?というものなんです。

自分らしさを出さないことで、あなたは、なにかを守ろうとしている。


それが、ご自分ではよくわかってらっしゃらない。

そこをよ~く、掘り下げてみてくださいね?

ヒントは、この、『人に迷惑をかけてはいけない』という思い込みですよ?」








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
 

スポンサーサイト

プアマナさんのところに行ってきて⑤(不幸)

プアマナさんのところに行ってきて③(吹聴)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿