私「おかしいですよね…。」



サ「はい、おかしいですよね。

でもね、子供の愛だからそう考えちゃったんです。



そして、親もね、不幸だったから、自分の子供が不幸になるようにすり込んでしまっていた。

だって、それも、自分が親にされたことだったからね、おかしいとも感じなかったんでしょう。



いや、おかしいと感じる感性もなかったかもしれないな…。

そういうものだ、そういう世の中だ、という認識だったから、考えを広げるチャンスもなかった。



それで、子供が大人になっても、息苦しいと感じてしまう。

頭ではおかしいと思っていても、細胞の隅々にまで、洗脳が染み付いてしまっている。



これから、意識して、その洗脳を解いていきましょう。

しんじゅさんは、今、自由に暮らせているんですよ?



でも、親、兄弟が、とか。

近所や親戚の目が、とか。

いらん監視を自分自身にしていたんです。



世間がとか、常識が、とかおっしゃっていましたけど、端的に言えば、ただ単に親御さんの価値観です。

親の価値観でジャッジされて、辛い思いをして育ってきた。



もう、大人だと思っていても、知らず、その価値観に支配されて、振り回されている。

それが、自分らしさを出せていない原因だったのですよ。」








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
 

スポンサーサイト

プアマナさんのところに行ってきて⑦(罪つくり)

プアマナさんのところに行ってきて⑤(不幸)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿