夕「で、その方の事を、しんじゅさんは、どう思っていらっしゃるの?」


私「いえ、『いい人』だと思いますよ?」


夕「は?その方のどこらへんが、『いい人』なんですの?」


私「え?そりゃ…。なんとなく。
人当たりはいい感じですし、礼儀はわきまえてますし。」


夕「それって、別に普通の人ですやん。
その方の『いい人』の要素ってどこらへんにありますの?」


私「えっとぉ。
こちらを否定をせずに、話を聞いてもらえたところ、かな。」


夕「それって、『いい人』ですの?」


私「え?『いい人』って感じがするような…。」


夕「普通ですよね?
特に、良くも悪くもない。

知人に対して、普通の態度で、ただの知り合いとそんな変わりないですよね?
今後も会いたいと思わせるような、心の動きを相手に与えるような方でもありませんよね?

仲良くなりたいとも思わない、どうでもいい人ですよね?」


私「あ…はい。
そうですね、好きでも嫌いでもない、どうでもいい人、ですね…。」


夕「そうですよね?どうでもいい人。

もっと言えば、好きではない、どっちかというと嫌いなタイプの人、ですよね?」


私「え…あ、ハイ…。」


夕「気づいていらっしゃいます?

今日、あなたの口からどれだけ出たと思いますか?

『いい人』ってセリフが。」


私「あっ!?」


夕「その方、おかしな人ですよ?

勝手にあなたを自分より下だと思って近づいてきている。

自分勝手に、あなたのことを捉えていて、そのイメージから抜け出そうとしていない。

頭の中が、お花畑の人なんです。

この方だけではありません。

今日、お話を聞いた方、全員、『いい人』ではなく、おかしな人ばかりですよ?

もう、いい加減、『いい人』フィルター外しませんか?」


私「あ…。

『いい人』フィルター…。

確かに、私、自分に親切にしてくれる人、イコール『いい人』って思ってました。」


夕「それが、彼らの『エサ』なんです。

あなたに好かれる為の作戦なんです。

しんじゅさん、最初に、『気持ち悪っ』って感じてましたやん。

それを、何を気を遣って、付き合おうとするんですか?

プライベートなんですよ?

お仕事や親戚や、近所付き合いなら、しがらみもありますし、多少の無理は必要かとも思いますけれど、プライベートなんです。

ご自分の好きになさったら、いいやないですか?」


私「えぇ?

でも、共通の知り合いがたくさんいますし、私が相手をちょっと嫌っているって周りに知れたら、相手に迷惑がかかると思うと…。」


夕「えぇですやん。

私、この人、キライ、で何があかんですの?」


私「え?いや、知られたら、相手に悪いなぁ…って。」


夕「相手を貶めるとか、そういうのなら、まずいと思いますけど。

自分は相手を気に食わん、それのどこがまずいんですの?

そんなん、当人どうしの、勝手ですやん?」


私「う。そうかも、しれません。

でも、難しい…。」


夕「ほんなら、無理して付き合い続けますかぁ~?」


私「いえ、もういいです。

辞めます。
それでいいんです。

ホントは、私、こういう事言ってくる人、キライなんです。

本人的には、善意かもしれませんが、私には、私と仲良くなって、自分が癒されたいっていう本心が透けて見えるような気がして、気持ち悪いんですよ。」


夕「えぇ、それが当人さんの本音だと思いますぅ~。

全然、しんじゅさんの身になって言葉を発していませんもの。

自分の理想のしんじゅさん像が、頭の中にあって、そこからはみ出た部分は認められへんのですわ。

頭の中がお花畑の方なんですぅ~。」


私「時々いるんです。

もしかしたら、本当に心の綺麗な人で、善意なのかもしれませんけど。

私は相手の事を何も知りませんから、気持ち悪くて、怖いんですよ。

私のブログを読んで、私のことを知っているつもりになっているんでしょうけど、こっちは全然知らない人なんです。

ブログに書かれていることなんて、私の一部ですよ。

生身の私の事を、何も知らないクセに、何を言っているんだって思うんですよ!

私の名前も、年齢も、職業も何も知らないのに、なんで私と付き合いたいと思うのか!(恋人になりたい、の意味)」


夕「えぇ、全部向こうの勝手な自分都合ですわね。」


私「私の事を、(癒してあげたいとか)自分より下だと思い込んでいるのが、不愉快なんですよ!

私に好意を持っているのなら、私のことを信じて欲しいんです。

この人は自分の足で立てる人だと、願って欲しいんです。

そういうのが、愛情ってものじゃないですか?」


夕「えぇ、そうですわね。

勝手なイメージですわね。」


私「さみしい人なんだと思いますよ。

それは、それで仕方ないと思いますけど。

でも、それに、私を巻き込まないで欲しいんですよ。」


夕「そうですわね、そういう方とは、距離を置くのがよろしいと思いますわ。

さて、時間がずいぶん迫ってきました。

ヒーリングの時間にいたしましょう。」








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
 

スポンサーサイト

(がっかり感)1月京都不思議空間体験談⑲

(顛末と説明)1月京都不思議空間体験談⑯

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿