仕事帰りに眼科に寄って、その足でモスバーガーに入った。

なんとなく、眼科の後は、ハンバーガーの気分で、ここで夕食を済ませるつもりで、オーダーをして、一人ポツンとカウンター席に座って、もの思いにふけってしまった。


頭の中は、過去に出会った人たち、もっと言えばこじれて別れてしまった人たちの事を、思い出していたのだった。


(…今日で、46回目のイレブン・スター☆か…。
一年ぶりだけど。

ブログを始めた当初の知り合いは、ほとんど消えちゃったな…。)


しばらくすると、好物が運ばれてきたが、上の空でほおばる。

食事を終えても、しばらくお茶を残して、座り続ける。

なんとなく、だるく、テンションが上がらなかった。


以前、ガイド拝見をしたけど、お礼の言葉もそこそこ。

ねぎらいの言葉ひとつかけられなかった事を、なんとなく思い出していた。


ガイド拝見された人にとっては、気に入らない内容だったらしい。

善意でやったガイド拝見だけに、そこまで相手の要求を汲み取る必要はないとはいえ、なんともやりきれない思いがしたものだった。


A『~~結局、しんじゅさんなんて、恵まれた人の発言よね!

私みたいな弱者の気持ちなんて、分からないんだわっ!』


B『彼女から聞きました。

弱い立場の人の気持ちを考えないで自分の意見を押し付けて、あなた、人として、サイテー。

誰でもあなたみたいに、自立できる訳じゃない。

彼女、言ってましたよ?しんじゅさんはイレブン・スター☆も真面目にやっていない、偽善者だって。

言い訳はなし。

今後一切連絡は取りませんから、さよなら。」


A『しんじゅさんは、お見合いして結婚すればいいと思う。

私と違って、子供が作れる体なんだから。

私はしんじゅさんの味方だよ?』



同じ日に、こんなメッセージをもらって、背筋がゾクゾクした覚えがある。

あぁ…弱者を装って、この人は、私を支配しようとしている…。


この後、2週間くらいお腹の調子悪くして、元気なくなって、グッタリしていたんだよな…。


私、文句言えず、体に出ちゃったんだよなぁ…。

直接、本人に文句言えば良かったのかな。


なんだろなぁ、なんか、私って何言ってもいいと思われちゃうのかなぁ…。


絶交もかなり堪えたけど、それより友達だと思っていたのに足引っ張られたのがかなりショックで…。

あん時も激ヤセしちゃったなぁ。


なんだろなぁ、最初は仲良くしていたと思ったのに、なんで、私嫌われちゃうんだろうなぁ…。



C『~そんな未熟な精神で人助けしたいだなんて、笑わせる!』


D『~僕のような思慮深く、思いやりのある人格者がそんなひどい発言をするはずが無い。

そんな事を言ってくる、しんじゅさんの頭がどうかしています。』


D『~イレブン・スター☆より彼女のイベントに人が流れたのはひとえに彼女の持つ人望と人徳のなせる技です。

僕の人を見る目に間違いはありません。

~彼女の才能をひがむ必要はありません。

あなたも、彼女の真似をすれば、もっと人気が出ますよ?』


…なんだろなぁ。

どうして、みな、私の上に立ちたがるんだろう…。


あ、Bさんは、天然の俺様発言か…。

彼の場合、私の上に立つ、というより、厳しくして鍛えるつもりだったんだろうなぁ。


すると、Dさんは単なるいばりんぼ発言か…。

結婚した女性はすべからく無能だとか、社会の厄介者とか言ってたしな…。

スゲー暴言吐いてんな、とか思ったし。

自分に自信があって、ある意味羨ましいよ…。


はぁ、どれも、最初は仲良くしていたつもりだったんだけどなぁ。

どうして、こじれちゃったんだろう…。


どれも、私の上に立ちたがるってことは、私に原因があるんだよね。

なんだっけ、ホラ。夕馬さんが言っていた。


あぁ、『自己承認』か…。

私が自分で自分の事を認めていないから、他人からの承認を求めてしまう。

その気持ちが文章から伝わって、ブログを読んだ人が、あなたの事を、認めますよ~と言って近づいてくる人がいて。


それはエサで、仲良くしているつもりでも、実際は相手にエネルギーを奪われてしまっていただけ。


自分で自分のことを認めることができれば、そのような輩は寄ってこないって言ってたよな…。


そうか、私に原因があったんだな。


うん、こじれちゃった人は、その人の人間性にも問題があったと思うし。

知り合った人のうち、ごく一部だよ。


そこにばかりフォーカスしていたら、気持ちも沈んじゃう。

気のいい人達とも知り合いになれたじゃないか。


全然縁もゆかりもない、見ず知らずの私に親切にしてくれた人もたくさんいた。


…私、自分に好意を寄せてくれた人の事を好きになっちゃって。

相手のことを、甘くみてしまっていたんだよな。


…私、さみしかったんだな。

うん、これからは、一人でも、さみしくても、キチンと生きていく。



D『霊感があると言っている時点で幼稚で周囲からの注目を集めたい、未熟な人間なんですよ。』


そういう考え方もあるよね。

う~ん、霊感のない人からすると、この考え方が普通かも?


E『~いい年して結婚もしていなければ、恋人もいない欠陥のある人間。

~周りの男性から相手にされない、残念な見た目の空想の世界で美人だと思い込んでいる痛い人。

~たいして世の中の役に立たない、たいした仕事もしてない。

~地に足のついた考え方もできない、精神薄弱よね。』


まったく、顔も知らない相手に、なんでそこまで言われなきゃならないのよね!

霊能力があろうが、なかろうが、私の過去を知っていようが、いまいが、人様のことを欠陥のある人間だって言う時点で人としてどうかしてるわ。


それのどこが心の綺麗な人間の発言だっちゅーの!

お前のどこに、人を見る目があるんだっちゅーの!


震災から一年経ってないのに、共同探索をぶつけてくる神経のが分からんっつーの!


はぁ、しかし、この人たち、マジで霊能者の甘言に気づいていなかったんだろうなぁ。

あんな、分かりやすいのに、ナンデ?


赤の他人が、ウマイ話を持ってくるはずがないって、小学生でも分かるんじゃないの???


って、アタシも人の事、言えないかあぁ。

弱みって人それぞれだから、弱点をつかれると、コロッといっちゃうものなのかな…。


…私のブログを漁場にされていたんだろうなぁ…。

きっと、コメント欄を読み込んで、霊視鑑定とかしてて、騙されちゃったんだろうなぁ…。


震災が起きて…。

心が弱った人の、弱みにつけこむ真似して…シネ!

地獄に落ちろっ!!悪徳霊能者っ!!


はぁ、精神世界でブラブラしている時点で、心が弱っていますって言っているようなモノかも?

それって、最初から自分はカモネギです、カモーンって、プラプラしているようなものかも?


A『しょせん、上の方の人よね!

社会の底辺の人の気持ちや苦労なんて、考えてもくれないんだっ!』


…私も結構、苦労してきたと思うんだけどなぁ。

お腹、すき過ぎて、グラスかじっちゃった事もあるし…。

学校給食のお金もしょっちゅう滞納して、辛かったし…。


結果しか見てくれないんだよなぁ。

経過は見過ごされちゃうのかなぁ。


余裕が無いんだろうなぁ。

自分はこんなに辛いんだから、もっとクレ、もっとクレって甘えたかったんだろうなぁ。


辛い環境にいたなら、人の迷惑考えないで、もらって当たり前って性分になるものかも知れないなぁ…。

そういう風にしか人とつきあえなくなっちゃうのかもしれないなぁ…。


皆最初は優しかったのに。

Dさんも、私の上にたちたがっていたけど、それは寂しかったからじゃないかな。


みんな居場所が欲しかったのかな。


私の気持ちは無視だから、体持たないし、もうつきあうつもりもないけど。


きっと、寂しかったんだろうな。

きっと、居場所が欲しかったんだろうな。

私が彼らと関わった意義ってあったのかな…。)


そんなことを思いながら、ため息をついて、冷めたお茶を飲みます。



(…私が、『恵まれた人』、か…。

今しか見ていないんだろうな。


イレ・スタ☆だって、私への関心が強すぎるな、と感じた時は、ワザと大物ゲストを招待したり。

アッポい記事を書いたり、自分の印象が薄まるように気をつけたり。

スピで大勢の人間が集まると、どうしてもカルトっぽくなっちゃうから、格付け差別的な事が起きないように気を配ったりしていたの、どれだけの人が気づいているんだろうな…。


そこまで言うかってくらい叩かれたりとかさ、胃ボロボロになってさ。

そーゆー苦労すると知ってたら、やんなかったよな。


知らないから、やっちゃったんだよな。

アホ、サイコーじゃん。


やらないより、やったほうがいいもんな。


まぁ、あれだ。

今晩のイレ・スタ☆も無理せずに。

やりたい人だけ、やれることだけしてもらえばいいんだよ。


このテンションじゃ、今日はレトリーバル無理かもだけど。

さぁ、帰りますかぁ…。)





いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

フロリーバル(3月11日夜)

【報告用】3月11日合同レトリーバル&共同探索

comment iconコメント ( 2 )

元気出せ!しんじゅさん。婚期がなんですか おれなんか53で初婚でしたよ。相手も初婚で40代。人には人の根気があるんですよ、独身末期、もうヒトでなくてもいい。ムービーみたいな不確定生命体でもいいが 妥協してまで気の進まない相手とは一緒になりたくない・・・ と思ってました。今は充分うまくやってますよ。しんじゅさんにはしんじゅさんの時間、時計があるんです。果報は寝て待ちましょう。がんばれ!!

名前: 佐世保のk [Edit] 2016-03-16 08:44

佐世保のkさん、コメントありがとうございます

いつも暖かい励ましのコメント、ありがとうございます。
あはは、落ち込んじゃう時もあります。
この時は、病院ばっかり通っていて、グッタリしていてね~。
実家でもあれやこれやがありまして、心労で疲れてました。
(だからミカエルさんが出てきたんだと思います)
この時のトラブル起こした人たちね…今思うと、そんなに落ち込む必要もないことだとは思いますが…。
イレ・スタ☆が終わって、自宅でコーヒー入れている時、ふと思ったんですよ。
結婚できていないから、欠陥のある人間だって、罪悪感を抱く必要もなかったかもな…って。
恋人や結婚相手がいないって、犯罪を犯したわけでも、なんでもないですやん。
なんだ、私が気にしていたんだな、あぁ、親からの思い込みかもなって。
昔の女の人は、現実問題、結婚しないと、生活できなかったですしね。
男性がいないと、無価値、蔑みの対象だった時代もあったわけで。
それに、顔が悪いから結婚できないって思われている、それも極端な話だよなぁ。
結婚できるか、どうかって顔そんな関係ないですやん。
どっちかっていうと、性格とか行動力の問題でしょ?
相手が顔がいい人でないと、結婚できないって決めているとかならまだしも。
この人も男性のいない女性は無価値、そういう親の価値観を植えつけられた人なのかな?
自分は顔がいいから結婚できているって自慢しているようでもあったし、偏った見方をしている人だなぁ~と、ちょっとそんな事を思ったりして。
ともかく、この翌々日にターニング・ポイントを迎える事になります。
この内面の葛藤は、その伏線になっております。
どうぞ、暖かい目で見守っていただけたらと思います♪

名前: しんじゅ☆♪ [Edit] 2016-03-16 22:40

コメントの投稿