気づけば、お昼近くまで眠り続けていました。

体がグッタリしていて、なかなか起き出せません。

この週も、婦人科、皮膚科、眼科と病院巡りをしていたようなもので、かなり疲れていた模様です。


実家や、姉からも弟をどうにかしろ的な事を言われていて、心労もたまっていたようでした。

自分の予定としては、朝一でイレ・スタ☆の記事を書いて、出かけるつもりでしたが、タイムアップです。


とりあえず、起き出して洗濯機を回し、コーヒーを淹れていると。

ふと、頭に浮かんだのは。


(恋人がいない、結婚していないからといって、非難される覚えはないよなぁ~。

別に犯罪を犯したわけでなし。

結婚していない事に対して、自分で罪悪感を抱いていたのかな?

これって、お母さんからの刷り込みかもなぁ。


昔の女の人は、働く場所もなかったから、現実問題、結婚しないと生活できなかった。

その強迫観念が染み付いていたから、私もそう思っていたんだろうし。


私のことを馬鹿にしていた女の人も知らず、そういう概念で私のことをけなしていたんだろう。

同世代だしな、母親も同じ世代、同じ価値観の可能性があるし。


ふぅ~む、これも思い込みか。

幸い、私はしっかり稼げているしな、問題ないか。

ん?これ、何度も夕馬さんに言われていたことか…。)



ブラックコーヒーを飲みながら、てくてく室内を移動して、腰掛けます。


(ふぅ~む、そうか、問題なし、か。

結婚する、しないの選択肢がある時代に生まれているんだから、好きでいいんだ。

考えようによっては、嫌な相手と無理して結婚する必要もない訳だし、自由でいいよな…。

出来の悪い旦那に苦労させられるくらいなら、最初から結婚しない、という選択もありなわけだよな。)


子供の頃、母親の髪の毛をつかんで、業務用の冷蔵庫に頭を打ち付けている父親の姿が脳裏をよぎります。

子供たちは悲鳴をあげて、泣きながらやめてと叫んでいました。


母『この子もキズモノになってしまった。

~もう、まともな男の人に相手してもらえない。』


E『いい年して恋人もいなければ結婚もしていない、欠陥のある人。

~見た目も残念で、痛い人。

たいして社会の役に立たない、たいした仕事をしていない人だと思う。』


D『結婚した女性はみな能力がありません、会社では厄介者扱い。

いったん家庭におさまった女の人は世間では通用しないんですよ。

お金なんて、稼げるはずがありません。

~~社会というのは、働いている人間が回していっているものです。

一度結婚して、現役をリタイヤした人間が、今までフルで働いている人間にかなうわけがないでしょう?』



(ふぅ~む、母とのショッキングな体験を思い出したのと、Eさんの記事を読んだのが同日で。

内容も被っているから、すごくショックを受けたんだよな~。


この人、短大に推薦入学するほど頭がいいとか、美人だし適齢期に結婚した自分を評価して欲しいって感じの記事を書いていて。

今時、大卒が当たり前だし、なんかな~と思ってたんだけど。


実際には、自分に自信がない人かもしれないな~。

記事読む限り、無自覚に母親を憎んでいて、旦那を嫌っている感じがして。

読者に褒め言葉を要求する感じが伝わってきて、読後感が悪くてしばらく読んでいなかったんだよなぁ。

この人も自分の母親の価値観に染まっていて、他人を見下していた。


ん~、で、このEさんとDさんは考え方が似ていて、二人は仲がよかった訳だし。

私が非難されているのを知りながら、この子も結婚すればいいのにってスタンスでいたから、放置なわけだ。


Dさんも考え方が古い人なのかもな…。

ま、人それぞれだしな、私が口出しする問題でもないか…。)



アクセサリー入れに入っていた、シルバーのネックレスを一つ取り出し、クロスで磨き始めます。


D『~その証拠に、結婚した女の人が、会社員になるって話、聞いたことないでしょう?

いったん家庭に収まった女の人は世間では通用しないんですよ。

お金なんて、稼げるはずありません。』


(結婚した女性はすべて無能ってのは、Dさんの完全な勘違い発言だけど。


実際問題、結婚後、40代とかで働こうと思っても、採用口がないのが現実か。

社会の構造が、最初から女性は切り捨てる方向にできているから、結婚に失敗した女性は自立も阻まれる。


自分一人なら、まだなんとかなるけど、子持ちとなると現実問題お金の問題がある。

医師とか、看護師とか、手に職もっている女性なら、仕事が見つかるだろうけど、そうじゃない人は若い独身時代に安い給料の時だけ雇用して、あとは使い捨て同然か…。

そこらへんを、しっかり教育していないのが、問題かもしれないな。

時代かな~。

私の子供の頃の女性は、結婚さえすれば、安泰って考え方が主流だったし。


私は母親が父親に暴力を振るわれているのを見て育ったから、女性も自分で稼げないといけないって気持ちが強くて、男女で給料に差がなくて、長く勤められるところに決めたけど、あの当時は少数派だったよなぁ。


今の子供たちには、きちんとそこを教育しておかないといけないな。

私は子育てに関わっていないから、どうか分からないけれど、社会人になる前、大学とかで学んでいるのかな?


…そういえば、人口問題・食糧危機問題、20数年前、あれだけ世間を騒がせていたのに、今は誰も話題にしない。

予測どおり、日本が不景気だから、世論的にも世界情勢に関心が向かないってのもあるし。

先進国で不景気が連鎖しているし、どこも出生率が下がっているのも予測どおりだったな。

出生率を下げるには、不景気にするだけじゃない、女性の社会進出を進めれば、仕事を選んで子供を産まない女性がたくさんできる。

これも、何者かに計算された出来事なのかもしれないな。


あ、洗濯終わった、急いで干して出かけなきゃ。

よし、シルバーもピカピカになったぞ♪

ちと君、喜んでくれるかな♪)





いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

3月11日のキセキ2(人との距離感)

知覚クイズ(3月11日夜)

comment iconコメント ( 2 )

おはようございます。


結婚すると、山ほど修行が待っているかも( ^ω^; )

自由な今の時間をぜひ大切になさって下さいね(*^▽^*)

名前: 坊主おじさん [Edit] 2016-03-20 08:17

坊主おじさんさん、コメントありがとうございます

おぉ~、そうかもしれません。^^

コメントありがとうございます。
大事にあんまり使っていないので、これからは大事にしてみますね♪
ではでは☆

名前: しんじゅ☆♪ [Edit] 2016-03-21 22:07

コメントの投稿