トリートメントが終わって、すっかりご機嫌になっている私です。

お肌もちもち、ツルツルでございます♪(サロンのブログ→PRINTENPS・BLANC(プランタン・ブラン)



そして、彼女とは恒例の、おいしいピザ屋さん、『ピエール』へとお邪魔いたしました。


テント張りの店内。
プラスチックの椅子、ラミネート加工された、ピザやパスタの写真が、天井を埋め尽くしております。

確実に日本人の感性ではできない雰囲気づくりのお店です、がっ!!

ピザは確実においしいのでございます~!!

ピエールさん、Buono!


相変わらず、店内はまばら…っていうか、貸切ですがな^^;

でも、多分、大丈夫、リピータ率高し!でいつもおいしいピザを提供してくれます。

メニューを見て、悩みつつ、オーダーをします。




で、またまたおしゃべりですわ。

そこで、以前、ネットでこじれた人の話を、Iちゃんに聞いてもらっています。


彼女には眉をしかめて、『その人、最初から自分で動く気がないと思う…。』的な事を言われております。



私「うん、今話した話は、だいぶ端折っているし、話もデフォルメしているのよ。

Iちゃんに話せていない部分があって…。

今の話以前に、その彼女には事情があったんだけど…。


私はその話を聞いていたけど、理解できなくて、無神経な発言をしてしまっていたの。

話がすごすぎて、頭が受け付けなかったのね。

理解していないのに、仲良くしたくて、その部分は適当に話を合わせていて、とっさに本音が出て、彼女を傷つけてしまった。」


Iちゃんは、それでもしんじゅちゃんは何も間違ったことを言っていないし、悪くないんじゃ?とか言ってくれています。


私「うん、そうだね。

でも、理屈じゃなくて、感情とか…彼女の心情を分かってあげられなかった。

私の立場なら、彼女の事を理解できてもいいはずだったし…。

ただ…私の世界観に無い話だったから、話を聞いていても理解できなかったんだ。


彼女は困っていると言っていて、私はこうしたらどう?っていろいろ言っていた。

でも、彼女の期待通りの答えを出せなかったし、無神経発言をして激しく非難されることになったんだ。


私はなぜ彼女に嫌われたのか、全然分からなくて、困ってしまった。

自分としては、変な事を言っているつもりがなかったから、気付かなかったのよ。


でもね、私は無神経発言をしてしまったけど、それを言われるだけの原因が、彼女側にもあったの。

彼女を悩ませ、苦しめていた人。

本当に不満をぶつけるべき相手は、彼女と付き合っている人なのよね。

相手に文句を言えないから、私に訴えてきていたんだと思うの。

でね、それって解決しないでしょ?不毛じゃない?

そこを鑑みて、私も自分の父親に、直接文句を言うことに決めて、今日、言ってきました。」


Iちゃんは、驚いています。


私「私ね、ネットで嫌な思いをしても、結局当人に直接文句を言っていないのよ。

イレブン・スター☆の当日、気持ちが沈んで、昔の事を思い出したら、どれもこれも、自分が悪かったのかなって引っ込めている。

直接対決を避けているのよね。

それで、昨日、岐阜でイベントがあって。

いろんな偶然やら、こんな事あるのって話を聞いたりして。

皆なにかあって、でもそれを乗り越えてってのを目の当たりにして。

(彼女の姿が、自分の姿と重なったので)自分も直接お父さんに、自分にはこれこれこういう記憶があって…と話すことに決めたの。」






いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

3月13日の奇跡7(軌跡)

3月13日の奇跡6(癒しとご褒美♪)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿