私が最初にしたことは、冷蔵庫に眠っているロールケーキをやっつけることでした。

あぁ、私ってば、どうして、こう、食い意地が張っているんでしょう…。



お茶会に参加する時の手土産を購入するつもりが、どうしても…どうしてもロールケーキ(一本)が欲しくなってしまったのです。



それで、金曜日の夜に、ちょっと食べていたのですが、もう二日経っている。

外食してきては、今度は月曜の朝になってしまう。



そんな訳でロールケーキを大人食いして、身支度を整えて、あわあわと慌てていたら、急がなくてもいいですよ~と、Nさんから優しいメッセージが。



ありがたや、ありがたや。

なにせ、鈍行列車に乗らないと行けないので本数が少ない。

すごい焦っていたけど、一本遅い電車に乗って出かけることにしました。



そして、近所のケーキ屋さんで手土産を…財布の中千円ぐらいしかない。(;´Д`)ノ

高校生かっ!と、思いつつ、駅のATMでキャッシュをおろして、いざ、イオンへ!



そうだ!ちょっと補足説明ですが。

シータヒーリングはね、脳波をシータ波にして、細胞に語りかける感じのヒーリングなんです。

だから、ヒーリングされる方も、やたら眠いんです。



そして、私は手足に大量に湿疹が出来ていたんですが、木曜日にふと自分のふとももを見ると、ツルッとしていたんです。



オレンジの皮みたいに、でこぼこだったのが、つるんとしていた。



なんだなんだ?もしかして、シータヒーリングの効果か?ヽ(*'0'*)ツ

そんな感じで、多分、翌日すごい眠かったのも、シータヒーリングの余波だと思うんですよねぇ。



で、早速やってまいりました、イオンです。

そして、サブウェイで、サンドイッチと飲み物をオーダーして、ふたたびNさんにお会いします。



そして、(さっきロールケーキ約一本食べたばかりだが)モヒモヒとサンドイッチをほおばりながら、Nさんとお話します。



つやつやの黒髪に大ぶりのアクセサリーを付けた、陽気なNさんがにこにことして、いい食べっぷりだね、とか言われております。



で、さっそくシータヒーリングです。



名前を紙に書いて、渡して、最初はリーディングです。



なんか、おおきな緑色のハッパ、蓮のハッパみたいなのに、乗っかった小さな女の子の姿が見えるとか。

どうも、水の浄化に特化した妖精らしくて、これも私の前世の一つらしくてね。

親指姫みたいな女の子だけど、浄化に失敗して、そのまま亡くなったらしい…とな。



ほぉぉ、そんな前世もありなんですか、とふんふんと聞いておりまして。



『神の祝福』を解除してほしいと伝えまして、Nさんにそれをやってもらいます。

そしたら…そしたら、なんと、『神と結婚』しているね、これも解除しましょうか、と言われてしまいます。



えっと…している。

していると思う。



Nさんには、修道女の過去生が観えているみたいで。

あぁ、そういえば、修道女の過去のあったな、と自分でも覚えているんですが。

ってか、今日の格好も、かなり修道女みたいな服装ですわ。

でっかいクロスペンダントをぶら下げて、白いワンピース姿です。



私は、『神の祝福』は解除してもいいけど、『神の結婚』は解除したくない、と目から涙が出てしまいます。



これだと、人間の男性と結婚できないよ?清らかすぎて、男の人が近づいてこれない、これも解除しましょうか、と言われます。



うぐぐ。



そんな風に突然泣き出した私を見て、Nさんも困ったろうなぁ。

と、思ったら、背後でクスクス笑い声が。



あっと振り返ると、私にNさんを紹介してくれた人と、前回一緒にセッションを受けたYちゃんがいました。

ラインしたんだった、動き早っ。



で、ともかく、『神の祝福』も『神との結婚』も解除していただきましたよ。



あと、Nさんに、『今まで自分が頑張ってきた事はなんですか?』とたずねられて。



『ブログを頑張っていました。』と答えていましたよ。

ブログを通じて、人の集合意識を利用して、東日本大震災の被災地へヒーリングとか浄化なんかをしていました、とお伝えしました。



それでね、前回私を導いている存在が、よく分からなかったのは、どうやら、私をとりまく、集合意識のせいで、被っていて、よく見えなかった、的な事を言われました。



なんか、もっとたくさんいろいろ言われたと思うけど、ちょっと忘れちゃったなぁ。



それで、30分経過のアラームが鳴って、この日のセッションも終了~♪



それで、四人で雑談タイムとなりましたよ。








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

なんとも不思議な・・・3(神との結婚解除)

なんとも不思議な流れだってばよ1

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿