昨日は検査で、ちょっと血を抜かれて、おつかれちゃんです。


婦人科は一進一退で、皮膚科はかなり良くなってきたので、お薬減らしてもらいました。

次回は2ヶ月後でいいという事で、次行くときには完治しているのを目指しますっ!!


さて、今回は私のお金のガイド、正君(マサくん)とのお話。


ちょー個人的な話ばかりなんで、あんまり参考にならないかも…。

よければ、おつきあいくださいませ。


ノン・ヘミでフォーカス21にある、カフェ咲咲に意識を向けると、出迎えてくれるのが、私の接客のガイドである、八千代さんと、お金のガイドである正君です。

江戸時代の丁稚小僧みたいな感じで、小学二年生くらいの見た目。

紺色の着物姿で、丸い眼鏡をかけていて、賢い感じの男の子です。


前回、八千代さんとお話していたら、声をかけてくれて、お金使ってますか~とか言われております。

彼はたいてい、私にお金を使うように…とアドバイスしてきますね。

しぶちん、経済観念がしっかりしているものですからっ!


翌日、市民病院で、診察待ちしている間にフラフラしながら、お話をしております。



正「どうしたんですか、渋い顔をして。」


私「う~ん…。」


正「あぁ、アレですか。

『お金目的で働くのは人として卑しい』とか言われたのまだ気にしてるんですか。」


私「う~ん…。」


正「どんな仕事でも苦労がつきものですよ。

それをしんじゅさんの働きぶりを見ずに、勝手に言ってたんでしょう?」


私「見てないね。」


正「自分がいいと思ってやってるなら、人の事なんて気にならないものですよ。

自分の仕事に納得してるなら、ご機嫌なものです。

単にやっかみですよ。

これだけやっているのに、自分の仕事が報われていないと感じているから、他人をひがむんです。

要するに、本心では自分だってもっと金が欲しいと思ってるんですよ。

そう感じるのは悪いことじゃないですよ。

なら相手を非難しても、自分の稼ぎは変わらないんだから、嫌な思いしたな、と感じたら、自分の仕事のやり方を変えるなりした方がよっぽど建設的だと僕は思うんですけどね。」


私「正君、合理的だなぁ!」


正「自分の方が優位だと思いたいから、他人の事に口出しするんですよ。

人に優劣つける意味なんてないと僕は思うんですけど。」


私「正君、おとな~。」


正「だいたい、『お金目当てが卑しい』って、どういう意味です?

お金はエネルギーですよ。

良いも、悪いもない、中立な存在で、現実世界では等価交換ができる便利なツールに過ぎません。

それを、お金を悪者みたいに言って、なにを失礼な事言ってんですか。

お金は悪役ですか!?

お金に対して、失礼ですよ。」


私「なるほど。」


正「お金持ちに嫌な思いをさせられた事がある、とか言いたいんでしょうけど。

実際にそんな目に合わせてくる金持ちと付き合いそんなにあるんですか?

金持ちはそんなヒマじゃないですよ。

『お金は汚い』とか、『金持ちは下品』とか、そういう親とか周りからの刷り込みで思い込んでいるだけなんじゃないですか?

物事の捉え方や、見方が浅い。

だから、自分の本心にも気づけないし、他人への軽率な発言が出るんです。」


私「それは…。」


正「ま、人は人。

それでいいじゃありませんか。」


私「え?」


正「お金はエネルギーです。

エネルギーを多く集めれる人は、それだけエネルギーがあるって事です。

その人は、少ないエネルギーを回していくのが好きなだけ。

そういう生き方を好んでいるってだけの事です。

今はどうか知りませんけど、それもまた人生。

人それぞれでいいじゃありませんか。^^」


私「はぁ。」


正「それより、最近、『働かなくてもいい、養ってもらえる人がうらやましい』とか、寝呆けた事を考えていますね。

そっちの方が問題です。」


私「ギクッ。」


正「あなたは働ける人なんですから、働いてください。」


私「でも、ついね…。」


正「働かなくても養ってもらえるっていう立場の人は、そういう役割なだけ。

そんな人だらけになったら、社会経済が回っていきませんよ。


自分が働ける立場にいる、という事にもっと誇りを持ってください。

働きたい、働く自分でいたい、そう思える自分に誇りを持っていいんです。

そして、働ける事に感謝してください。

働く、という事自体が、社会の中で役に立っている、という事なのですから。

誰かに必要とされる自分である、という事なんです。

これは、厳然たる事実です。

また、たいした仕事していないって、勝手に見下してくる人の事を考えるのも意味が無いです。」


私「ギクッ。」


正「そんな事を言う人間は、自分の仕事が世の中で一番優れている、と勘違いしているだけです。

スピリチュアルだけで、世界経済が回っていきますか?

坊主だって、死人が出た時に活躍するぐらいで、一見生産性の無い、なにかと不経済な存在ですよ?

スピリチュアルが一番尊い仕事だと主張するのは、井の中の蛙もいい所ですよ。」


私「あわわ、各方面に波紋が出るから、ちょっと…。」


正「僕は古い人間ですからね、価値観が古く感じてしまうかもしれませんけど『働かざるもの、食うべからず』ですよ。

何も、働かない人間が劣っている、と言いたい訳ではありません。

お金を稼ぐだけが、人生の全てとも思いません。

でも、働ける人間が働かないのは、その人自身の社会との関わり、という点で絆が細くなり、先々、心細い思いをする…。

結果、心を蝕みかねない、とも考えています。」


私「…そうだね。

私も古いタイプの人間だから、そこは同じ意見だな…。」


正「それに、養われているだけなのは楽そうだ、とか考えていたんでしょう?

そんな気楽なものとは限りませんよ?

気兼ねや気遣いが必要になるし、家族に奉仕する時間や役割が増える。

自分の稼ぎを自由に使う方が、うんと気楽だと思いますし。

あなたのような性格の人間は、余計にしんどいと思うんですけどね。」


私「ギクッ。
そ、そうだね。」


正「そうです、『隣の芝生は青い』と同じです。

まずは、働ける自分に感謝すること。

そして、働く、というのは、最大のリスクヘッジです。

養われているのがいいっていうのは、養ってくれている人がいてこそ。

いつまでも、安泰とは限らないんですよ?

自分で稼げる、という点では、常に収入があり、社会保障も受けられるという事です。

万が一の時には、傷病手当給付金も受け取れるし、様々な互助サービスも受けられます。


そして、なにより『体が資本』である、という事はご存知ですよね?

健康であるからこそ、働けるんです。


しんじゅさんは、まず、自分の肉体を労わること。

くよくよ悩んで、神経をすり減らしたりしない事も、精神衛生上大切になってきます。

あなたは少々、繊細で、神経質で完璧主義なところがある。

もっと、自分を楽しませることにお金を使って、気持ちも健康にしてあげてください。

それだけの資本がありますし、勘違いしているようですが、基本、図太い人間です。

もっと自分に投資してください。

ご機嫌でいることが、一番健康にいいんですからね。」











いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

ありがとうございます

自分ガイド拝見(八千代さん)

comment iconコメント ( 2 )

読みながら、「正君!そう、そう、そうなのよ」とテンションが上がりました。お金に関しても養ってもらうことにも、全くの同意見です!
私も今子育てしてて養っていただいてますが、基本自分の小遣いはないですよ?衣服などは一緒に出かけたときに買ってくれるか、たまに気が向いたときに月に一万円渡してくれる、そんな感じです。
携帯代や毎月かかる生活費も主人は嫌な顔せず渡してくれますが、いただくときは心苦しいですね。
働けるうちは働いて自分のためにお金を使うのがいいですよ。そして自由な時間を謳歌してくださいm(_ _)m

名前: ゆみ [Edit] 2016-06-12 00:06

ゆみさん、コメントありがとうございます

ゆみさん、コメントありがとうございます。
遅コメ失礼します。^^;

お恥ずかしいです、なんか、あっちの方が楽なのでは?という自分勝手な願望であります^^;
うん、まずは、働ける事に感謝、ですね♪

家族はね、やっぱ、くつろげるのがいいですよね。
心苦しいと感じる奥さんをお持ちのだんな様、幸せ者ですね~♪

ゆみさんが家族を支えていると思います~^^
お母さんがご機嫌だと、家族みんなハッピーですしね♪
ありがとうございます♪

名前: しんじゅ☆♪ [Edit] 2016-06-14 21:10

コメントの投稿