『男とはいつまで付き合うかは分からないじゃない?

でも、食事とは一生付き合っていかなきゃならないんだから。

自分の口に入るものは、自分の体になるんだから、上手に付き合えたほうがいいよね?』



と、女優兼栄養士の資格持っていた人だったかが書いた、そんな雑誌のコラムを読んで、ふむ、なるほど、と思った覚えがある。




夕べ、水仕事をしていたら、ふと、そんな事を思い出した。



来たよ、これ、ガイドメッセージの確率高し。




最近、お腹がゆるいので、腹の中が軽い。

なんか、これ、ちょっと心地よい。



こういう感覚、昔からあって、多分、私、前世で坊さんとかしてそうだからさ。

そういうの、好きなんだと思う。




妙な苦行スイッチが入っているのか、なんなのか、解熱剤とかそっち系の薬飲まずに生活している。



まぁ、それ以外に薬たくさん飲んでるから、もう増やしたくないってのもあるんだけど。

こぅ、お腹がピーピーだと、薬飲む意味ないんじゃね?という気もしてくる。




食べ物かぁ、食べ物が今、合わないのかなぁ。

最近、小麦粉の奴とか、気にしないでバクバク食べてるから、あかんのかなぁ。(_ _。)




昔から、体調があまり良くなくて、一年のうち、200日ぐらいは体調不良がスタンダードである。



(かれこれ20年くらいそうか。ちなみにどこも悪くない。西洋医学的には、まったくの健康体である。)



ちょっと前に、そんな話をポロっと会社の後輩に話したら、『うわ、それは誰かに養ってもらいたいって気になりますね。』



とか、言われて、そーそー、そーゆー気分になる、とか話してたな。




昨日の占いに、新鮮な季節の果物を食べるといい、とか書いてあったので、お昼にフルーツサンドを買ってみた。

会社のそばの手作りパン屋さんなので、コンビニで買うより、添加物とか少なくていいだろうと思ったんだけど。

初めて食べた、フルーツサンドは、缶詰の味がした。



そっか、ミックスフルーツに生クリームが具になっていて、今まで手を出したことなかったこじゃれたパン(割高とも言う)初めて食べたけど。

いちいち果物をカットして作らないよね、手間ヒマかけれないよね…。

と、ちょっとションボリしてしまった。(´_`。)




なんつーか。

なんつーか、ここ五年位?プチ引きこもりから、スピな世界を知って、色々出歩くようになったから。

私は変化した。




舌が肥えてしまった。

なんか、私が知り合う、スピの人って、美食家が多い気がする。



どんな粗食も食べられる自信があったのだが、今の私では自信がない。



白いご飯に塩だけ、とか。

ご飯にトマトや豆腐や卵焼き(単品)がメインディッシュだった、ど貧乏時代(中学)を思えば、ここのパン屋のパンがいかに素晴らしいものだったのか、という感激がすっかり薄れてしまっている。




あぁ、日本に生まれて幸せ♪

おいしい料理が、どこでも食べれる☆



ビバ!日本人!とか思ってしまう。




結局、食べるの、好きなんだよね~。

早く、胃腸元気になりますように~☆










いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

男性性×女性性×女子高生

お腹がピーゴロロ♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿