サマンサさんに、そんな感じのことを言われて…以下、私の心の声。




そんな事、私、思ってないと…いや、思ってなかった?いや、思ってたかも???

上司より自分の方が仕事ができるって…、そんな事…。

いや、確かにアイツ、なんで無能なんだっ!

たいして働きもせず、どーしてあんなにえばり散らして、ふんぞりかえってんだっって思ってたよ!!

そーだよっ!私、見下してたよっ!!∑(゚Д゚)

それは、つまり自分の方ができるって思ってたって事だよっ!

それなのに、『私なんて』アピールしているOLってば…。

や、やらしぃ~((゚m゚;)

なんつぅ、こじらせ具合っ!

こじらせ女子かっ!?

『今日、会社休みます』かっ!?今日、会社休んで横浜来てるよっ!

私の場合、全然色気無いけどなっ!!

気づいていなかったっ!(°Д°;≡°Д°;)

恥ずかしぃ~!((>д<))

許してぇ~って、誰にっ!?Σ\( ̄ー ̄;)


ひぃ~、あん時、精神状態悪かったもんなぁ!!(;°皿°)

そうかぁ、自分の職権を超えて責任感じちゃっていたんだぁ!


気付かなかった、そうか、あの時、事務員、上司と私一人だけだったしっ!

同期にでも相談してたら、気づいてたかもっ!


社外の人には相談できなかったし、私、責任とらなきゃって思い込んじゃってたんだっ!

平社員のくせに、根拠なく自分にはできると思い込んでいたんだっ!

パートさんの事も助けたくて、動き回ったけど、結果が出せなくて、しょげてたんだっ!

どんだけ、自己評価が高かったの、自分っ!


あぁ~、ホント、私、自他の境界が曖昧なんだっ!(→o←)ゞ


無理なんだよっ!パートさんの望みを叶えるには、あの上司が心を入れ替えてきちんと仕事をするってことだったんだから、もう、無理だと最初から分かってたんだよっ!

でも、助けたかったんだよっ!

あぁ~、私、視野が狭かったんだっ!

最初から私が判断したり、責任とったりする問題じゃなかったんだっ!

それだけだったんだっ。

きっと、そんなの世の中に出た人たち、きっと誰もが経験しているハズ。


私、そんな事、見抜けなくて、なに頭いいとか思ってたんだろ。

大人の対応をすれば、よかったのに、私、子供だったんだ。


あぁ~、なんか、パリッと、なんか、割れた。

脳にプラスチックでコーティングされているみたいだったのが、パリッと剥がれたよ。

思考回路が硬直していたけど、風穴空いた。

白く曇っていた視界が晴れた感じだよ。


なんか、すごいな、サマンサさん。

私、嫌な感じ、受けなかったよ。


目線がフェアだよ。

どっちの味方にもつかない、偏りもない。


でも、これ、プライドが高いこじらせた人に言ったら、キレられる可能性あるよ。

怖くて、私、言えないよ。


難しい場所に踏み込んできたのに、不快感なかったよ。


これが、カウンセラーかぁ。


あぁ、ひと皮向けた。

成長させてもらえたな。


けど、こっぱずかしぃ~~!!((>д<))











いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

侮辱返品(プアマナさん体験談11)

誤解と勘違い(プアマナ体験談9)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿