セミナーを受講していて思ったのは、私は意外と理系の人間かも知れないなぁ~、というもので。

あーたら、こーたら書いてますけど、セミナー自体は、和気あいあいとした雰囲気の中、軽妙にお話がされておりますので、全然肩のこらない、気さくな感じのものです。

小池さんのお話は、分かりやすい言葉ばかりですし、頭を悩ますような事は全然ありません。

私も短大で心理学を専攻していたので、ちょびっとかじった程度の知識しかありませんが、普通にお話されている風情ですけど、色々エッセンスを詰め込んでいるなぁ、かなり勉強されたんだろうなぁと感じる程度です。

気楽に素直に受講するだけでも、ためになると思います。

で、そんな感じで、セミナーが終わりましたら、そのあとの懇親会にも参加しました。


会場が、セミナー会場から少し歩いた所ということで、他の方とパラパラと歩いて移動します。

その前に、少しだけ、隣の席に座っているDさんに紹介していただいて、直接小池さんとお話する機会がありました。

Dさんが、サラッと私の紹介をしつつ、彼女もブログの書籍化が夢なんですよ、とか説明しましたら、小池さんが、どんな本で、どういう風になりたいんですか?という感じの質問をされて。


私、緊張しちゃって、ドギマギして、全然うまくお話できませんでした。

本当なら、本を出す人って、どんな風なのか知りたいって気持ちでセミナーに参加して。

その、当の本人とお話するチャンスを頂いて、積極的に自分をPRできない自分にちょっと自己嫌悪。

あぁ、最大のドリームキラーは、自分自身だ、というのは、きっとこういうことなんだろうな、なんて思っていたら。

よかったら、出版社の編集さんを紹介しますよ、と、サラッと言われてしまいます。

えぇ~Σ(・ω・;|||

そ、そんな簡単に…。

小池さんに、9月に出版予定で、10月に出版記念パーティーを東京で開催しますから、その時に来てもらえれば紹介します、と言われて、い、行きます!(。>ω<。)ノと答えてしまいます。

えぇ~?そんな簡単に…私がどんなブログを書いているか、なにも知らないで、そんな事しちゃっていいの??


あ、でも、そうか、紹介するだけなら、そうか、そうだよね、ありかもだよね…。
それが、出版社さんの目に留まるかどうかは、また別問題だよね…。

ほへぇ~、とビックリしながら、隣でDさんニコニコしてます。


で、懇親会会場へと歩いて移動中。
お天気もよくて、仙台の青葉通りでしょうか?名前忘れちゃったけど、有名な銅像という事でパシャリ。


そして、オーガニックにこだわった、レストランでの夕食&懇親会。


私たちの一群が一番最初にお店に入ったので、ちょっと端っこの席を陣取ります。

セミナーの講師の小池さんは、きっと皆さんお話したがるだろうと思って、一番いい席に座るとおもいきや。

なんかの加減で、私のすぐそばの席に着席されましたよ。

で、また少しお話させていただいたりして。

私がヘミシンクのブログをやっていて…と説明すると、小池さん自身はヘミシンクをあまりご存知なかったみたいですが、私の正面に座っている男性に向かって、確かヘミシンクに興味あるとか言っていたよね?とその人に話を振って。

あ、この人、個人個人の趣味、志向を把握されているんだ、すごいな、と思ったり。

人に興味あるから、そういう事を覚えていられるんだろうな、人との縁を大事にする人なんだな、と感心しました。

スピリチュアルの集まりでも、ヘミシンクはマイナーなイメージですし。

会社の仲のいい同僚にヘミシンクをやっていると言って、分かる人一人もいませんでしたから、世間的にはかなりマイナーのものだと思うのです。


で、同じテーブルにいる方々が、ちょうどDさんと同郷で同じ高校だとか、なんか共通点の多い方達に囲まれまして、全部男性。

人見知りの激しい私にしては、頑張って初対面の方たちとお話しておりました。

で、面白いのは、私の今までの人生で、こういう職種の方は知り合いにいなかったなぁという方のお話を聞かせていただいたりして。
ファスティングのプロとか、輸送船の監視をする船に乗っている人とか、アフィリエイトのプロの方とか。
面白いなぁ、そんな仕事があるんだ、と聞いておりましたら。

懇親会に集まった方々、なんか、仕事はありつつも、夢がある、という方たちばかりなんですよね。

それで、こんな事やってます、こんな風になる夢があります!と皆さんハツラツとお話されておりまして。

ちょっとした、異業種懇談会とでもいうか、交流会とでもいうか。
自営業の方が多い気がしますが、セールスもしつつ、お互いの近況報告とか、なんか共同でなにかできないか、とか。

そんな盛り上がり?をしておりまして。

ほぉぉ~、やはり自営業をやる方とは、アグレッシブなのね、とチビチビジュースを飲みながら、時々Dさんに言われて、お料理の写真を撮っておりました。

(言われないと、写真撮るの忘れて、食べ尽くしてしまうから^^;)


途中で、トイレに立ったら、戻ってきた時に、Dさんに女性陣のテーブルに突っ込まれまして。

多分、他の人とも話してこい、という気遣い?

骨気(コルギ)という、韓国の骨格矯正的なエステサロンのオーナーさんやら。

ネイルサロンの方やら、保険の外交員さんとか、なんか、しっかりした感じの綺麗な女性陣に囲まれて、モジモジしながら、おしゃべりしておりましたよ。

名物のカレーとか、杏仁豆腐とかハシュハシュと高速でスプーンを口に運びつつお話をしております。

名古屋から来たの~、すごいね~とか言われて。

明日帰るの?と聞かれて、いや、7時30分の新幹線に乗って帰りますので、七時頃においとまします、と答えると。

え、時間大丈夫?と、聞かれて、大丈夫、携帯のアラーム設定で午後7時に鳴るようにしてますから…と笑顔で答えたつもりが。

自分の携帯の画面を見ると、真っ黒。∑(-x-;)

料理の写真撮るのに夢中で、電力消費しすぎた模様。


私「またやらかしたよ、自分…。」(T▽T;)

真顔でつぶやいてたら、周りの女性陣、プーッと笑いだした。( ´艸`)

携帯の充電器を貸してくれようとした女性がいたのですが、残念ながらコネクタが合わず、気持ちだけいただいて。(‐^▽^‐)

結局、七時少し前だったので、セーフ。

慌てて元いた席に戻ったら、なんか、所信表明みたいな事をしよう、と小池さん言いだし始めまして。

最初に順番を回していただいて、慌てて、「とっとと夢叶えますっ!ヽ(;´ω`)ノ」とか言ったりしまして。


みなさん、叶う叶う~!!≧(´▽`)≦とか、ご機嫌でエール贈ってくれております。

え、え?なんで、私の事、全然知らないのに、応援してくれるの?

私、皆さんになにもしていないのに、なんで、私に好意的なの??

等価交換してないよ?

これは、ましゃか、ネズミ講かっ!!(@_@)と、一瞬頭グルグルしちゃいますが、とにかくお礼を言いまして、お別れいたします。


私「あぁ~、私、人見知りとか思っていたけど、度胸ついてきたみたい。(*゚ー゚*)」

Dさん「がんばった、がんばった!お酒飲んでいないしね!(笑)」


とか、二人して、タクシーに乗り込んで、仙台駅へGO!

新幹線発車の15分前くらいに到着しまして、コインロッカーから荷物を取り出していると、Dさん、ズンダシェイクをプレゼントしてくれました。

洋風のテイストで、甘くて美味しいのよね~♪
ごちそうさまですっ!!
いつもありがとうございますっ!!

そんなこんなな、仙台珍道中でございましたっ!!


長文におつきあいくださいました、皆様、ありがとうございます。

どうぞ、皆さんにも幸アレ!!







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

ブルース・モーエンメソッド体験談1

インディゴット仙台4

comment iconコメント ( 1 )

良かったですね^^

10月の出版記念パーティーが
今から楽しみですね(^^)

名前: 坊主おじさん [Edit] 2016-08-16 20:52

コメントの投稿