三日間のセミナーで、二日目の夜には希望者のみ、懇親会に参加できます。

当然、私も申し込みをしておいたので、皆さんと移動して居酒屋へと行きました。

残念ながら、ブルースさんご自身は、体調不良の為、欠席となりました。

個人的に質問したい事を、紙に書き出して、懇親会の時にでもお願いしようかと用意していましたが出せませんでした。

初日の顔色を見て、これは無理そうだなと感じていたのですが。

二日目のグループシェアの時に、チラッとそんな事をトレーナーさんでもある方にお話してみたら、セミナーの最中に質問してみたら?と提案されまして。

個人的な部分の事を伏せて説明していたものですから、それはちょっと恥ずかしいと言いますと、ささっと休憩中のブルースさんにたずねてくださって。

ブルースさんは、二日目の時点で、個人的な質問を受け付けても、もしかしたらこれからのセミナーの内容に関わる部分だと体験に影響が出て、お答えできないかもしれない。

三日目の最後に、全体質問の時間を設ける予定だから、その時にでも発表してもらいたい、という事でしたので、納得していました。

あぁ、だからセミナーの説明では、不必要な部分を削ぎ落とした、シンプルなもので。

先入観を与えないようにとの、配慮から簡素な説明をされていたんだな、と感じいりまして。

ブルースさんは、かなり先々のことまで配慮されている方なんだな、と理解しました。


そんなこんなで、居酒屋に行きますと、すぐそばにHeleneさんがいたので、そういえば…という感じでレベル2の内容を日記に書きおこしていたら、気づいたことがあったんですけど…とかお話させてもらっています。

共同探索のメンバーと、ミーティングプレイスに集合するときに、一瞬、かっこいい黒髪のお兄さんを見かけて、誰かのガイドなんだろう…と思った。

(私は人間はピンボケが多いが、ガイドさんは割とくっきり見えるタイプ。
ちょっと人間離れした美形さんだったので、なんでここに芸能人みたいのがいるのだ?とか思ったのだった。)

私は勝手に、Heleneさんのガイドさんを(太陽神アポロン的な)金髪碧眼だと思い込んでいたけど、そういえば黒髪の男性でしたよね?と、お話していたら。

H「………。」

飲み物に口をつけたまま、固まっています。

私「?」

何か考えているのかな~?とか思って黙って待っていたら、特にコメントがなくてそのまま。
アレ?何かコメントが来るかと思ってたのに…。
これ…この人、照れちゃってる!?

分かりづらいっ!?いや、分かりやすい人だっ!?(=◇=;)

そういえば、狼の意識を説明していた時も、ちょっと声が震えていたし、首とか赤かったし。

内容が理路整然として、説明が分かりやすかったからクールな人かと思っちゃうけど、ホントは緊張しぃなんだ。

見た目もクールだから、緊張しちゃったとか言っても、きっと謙遜しているんだろうってこっちが勝手に解釈しちゃいがちだけど、この人、本音を言っていたんだ。

うわー、ブログに書いてある通り、正直な人なんだなぁ。

などと、妙にこちらがドキドキしてしまったりして。

何を書いてんだか、私も。(/ω\)


そして、北海道からいらっしゃった方とか、イギリスにいた事ある方とか。

ギャザリングスペースが回廊になっている話とか面白かったとか。

(個人的には妙にリアリティがあって、そうなっているんだろうなぁと感じていましたのでね。)

皆さんでギャザリングスペースのイラストを見せっこしたりしていました。

他にもスピな話とか。

皆さん、いろんな事に興味あるんだな~と、ほぉほぉとお話を聞いておりまして。

それで、なんかの加減でナイトスクールネタを私も調子に乗っておしゃべりしたり。

(ナイトスクール:夜間学校。

いや、リアルの学校じゃなくて、眠っている間に意識体で、精神世界の事を勉強するスクールがある。

私はあまり記憶がないが、ヘミシンク系のブロ友さんにたびたび目撃されている。

多分、あまり成績は良くない…。サボりたいばっかのタイプ。)



レベル2で、共同探索の時に、リトリーバルに引っ張り出された。

そこで、テロで亡くなった方の意識をリトリーバルする際に、BM協会の人と共同して、テロリストを制圧する(フリをする)、警官役をやっている。

自分でも、銃の扱いとか知っていて、一体自分はナイトスクールで何を学んでいるのだっ!?∑(-x-;)

と、心の中で一人ツッコミをしていた、とか。

まぁ、なんか色々不思議な話も織り交ぜながら、おしゃべりを楽しませていただきました。


懇親会が終わって、周りの人とテクテク駅に向かって歩いているとTomさんが話しかけてきて。

そういえば、Tomさんは、レベル2の時点では、私の個人的な家族の確執とかは知らなかったので、後で記事を読んでビックリさせてしまったよなぁ、とか思っていたら。

それだけ色々あったのに、普通に社会人をしていて、この人すごい人だなと思った、とか言われて。

その言葉は、Tomさんの素直な気持ちなんだろうな、と思って。


あぁ、認めてくれる人がいるんだな、私、大丈夫だな、と思えて笑顔になったのでした。








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

ビックイベント・体験談21(B・Mメソッドレベル4)

ギャザリングプレイス(全体シェア)体験談18(B・Mメソッドレベル4)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿