唐突にレモンの輪切りのビジョンが浮かびました。


(?なんでいきなりレモンの輪切りのイメージが浮かぶんだ?

あ、さっき、まきさんがビックイベントが人間の感情にどんな影響を与えるか尋ねてみましょう…とか言ってたからか…。)


再び、赤ピンク色の宇宙人に向かって視線を向けると、なんとなくニコニコしている感じがします。



(そうか、非言語で伝えてきたんだな…。

ビックイベントと人間の感情をレモンの輪切りで伝えてきた、という事は…。

レモン、酸っぱい、しかも薄切り…。


薄い理解でいると酸っぱい思いしますよ?』という意味かしら…。


チラッと、宇宙人を見ると、ウンウンとうなづいているようでした。


でも、まだ足りないな…と、感じて。

相手が送ってきたビジョンの意味を読み解くようにしてみました。


これは、私の解釈なのですが。


香り、フレーバーとして少し取り込むと、精神的な豊かさを味わえるが。

一度に大量に摂取しても、苦痛を感じるだろう。人体にはよい。

けれど度を越して取り入れても、無駄に体外に排出されてしまうだけ。

ほんの少しの意識変化で十分なんだよ。

大々的に喧伝する人間は、酸っぱい思いをする。


そんな事を象徴しているのが、レモンの輪切りのビジョンなんだろうというのが、私の解釈でした。



すると、まきさんの声がして、『この体験が本物だったと証拠になる何かを、見せたり教えたり与えたりしてもらいましょう』と聞こえてきます。

すると、朱色のつるりとした表面の箸のような、かんざしのような物が見えました。


それで、宇宙人さんに挨拶をして、お別れしようとしました。


私「そういえば、お名前とかお聞きするのを忘れていました。
どちらの星の方ですか?」


α「αケンタウリ星です。」


私「は?」


α「αケンタウリ星ですよ。」


私「あるふぁけんたうり星と聞こえたんですが。」


α「そう言いました。」


私「え…、だって、昨日会ったのも、αケンタウリ星人で、あの時はブルーの体に見えて…。」

(さっぱりしたフォルムだったのに、なんで今日はちょっとグロテスクな感じなの?)


α「私はαケンタウリ星人の亜種です。」


私「はぁ…。(今のセリフ、私が作っちゃったんじゃないの?)」


α「クス。
見た目に惑わされないようにしてくださいね?

ギャザリングプレイスには、ミュータントもいるけどね、基本的に我々は友好的ですし、観察対象として地球人を興味深いと感じています。

友好的でも、プラグ替えはしないけど、コネクトケーブルをつなげてくる輩もいますから、注意してくださいね?

真摯な思いを持つことはいいことですよ。

ありがとう。」


私「こちらこそ、ありがとうございました。」





いちじく星人とレーン




いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

アセンション3・体験談28(B・Mメソッドレベル4)

アセンション・体験談26(B・Mメソッドレベル4)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿