瞳を開けると、額にびっしり汗をかいていた。

頭の奥が、ずぅ~んと重い。

どうやら、変性意識状態に持っていくのは、今の私には脳に負荷がかなりかかるらしい。


体験中にもノートにペンを走らせていたが、ミミズがのたくったような字だった。

詳細を記載する気力が沸かなくて、ちょっと彼らのイラストを描いてみた。

それで、突然レモンのビジョンが浮かんだ理由が分かった気がした。

彼らへの質問事項に、『ビックイベントが人間の感情にどのような影響を与えるか描写してもらおう。』とある。

描写してもらおう、の表現に、イラストを描くという解釈が働いていたようだった。


まぁ、正直、あまり詳しい内容を教えられても困ってしまう気がしたし、ちょうどよかったな、と思ったし。

結局、宇宙人とおしゃべりをしてきただけの体験で、普通だったな、と思った。


それから、少人数でのグループシェアのために席替えになった。

席を立つと、イスが水で濡れている。

台風直撃でスカートまでビッショリ濡れてしまっていて、長時間冷房のきいた室内にいれば、調子も悪くなるな、と思って、移動していった。

イスをハンカチで拭いたりして、ちょっと、出遅れてしまって、ウロウロしてしまう。

ふと、目に付いた男性が、今まで一度も一緒になったことがなかったので、ちょうどいいと思って、そばに寄っていった。


すると、そばにいた女性が、わざわざメンバーチェンジしなくても、とかブツブツ文句を言っている。

私に異論はなかったので、はぁ、とか、適当に返事をしつつ、結局一緒のグループにおさまった。

グループは四人一組で、その内、トレーナーさんが一人混じっているようになっている。

思い返すと、文句を言っていた女性は、初日の後半で一緒になっていたし、そのトレーナーさんとも、二日目の午前中一緒になっていたが、もう、全体的に大体収まっていたようだったので、気にせずそのままシェアをしていくことにした。


以下覚書。


Hさん(男性)

クリスタルは白い霧状。

ウーアー3回の内2回目になったとき、さらに霧状になった。

色はブルー。中はいつもどおり。

ナビゲーションガイドは天女みたいな、乙姫さん風の女の人。

女性。メタルのロボット。ギャザリングプレイスで岩石の塊が宙に浮いている。

表面が隕石みたい。

クレーターあり。

地平線の向こうに、星がポツポツ見える。

蟻みたいな人が、何かを運び出している。

NHKの『ドーモ君』みたいな存在。

フォーカスエリアを上昇しているようだ。

質問に答えてもらう。

ナビ交代か?

質問の答え:情報基地です。ETとコンタクトとるための。

ドーモ君がついてきて、一面の花畑→砂漠の砂が波打っている。

ETは蟻の形。触覚2本あり。コミュニケーションできない。

コミュとる為に、自分と異質なものに会ったとき、自分も蟻になって、『頭をこっつんこ』すると、姿が変わる。

ネットワーク全体で機能していると、フィードバックで答えが帰ってくる。

地上のスタンドアローン分離状態で、有機状態でどうやって維持しているんだ?と疑問を持っている。

ビックイベント

空間座標的に移動しちゃわないと、おかしいが、それを確かめたい。

生命形態とか、種の変化する(形が変わる)のか、どれだけ変われるか?

彼らの進化は、人間がいるかどうか?

全体性→個の生命体だから蟻が消えても、全体としては問題ない。

目的が変化。進化は考えていない。

感情への変化。混乱を歓迎する人に分かれる。

愛は関係する。

証拠は隕石が落下する。

海から砂漠にちょっと大きめの隕石落下。11月13日よりは前。


Yさん


誘導でうっとりまどろんで、クリックアウトではなく。

全体的にナビガイドは昨日と同じで、一人はクールで上から目線なおじさん。

『ていねいに扱われたい』

もうひとりは太鼓持ち風のお兄ちゃん。

ギャザリングで感じた宇宙の中で、ポッカリと透明感のある人とか特に浮かんでいる。

人類のアセンション

竜族のケイタイ(?)に関わる。

彼らからの情報を聞いてきて。

(今朝パット目が覚めた時にひらめいた。

「エネルギーの流れ」を良くする)

やったーという気分。

あとはどうでもいい。

探索は必要ない。

クリスタル前で瞑想を続けていた。

感情については、「うっとりいい気分」「クリアで冷たい印象ではなく」

ビックイベントは「いい」「悪い」ではなく、本人がそういう情報?

証拠「帰りに雨がやむ」


Cさん

赤緑のモヤの中に「歯」笑う口

クリスタルがピンクのお花のエネルギー

ナビガイドは長髪の男の人(黒髪)「来たかった。」

60年代の円形のカウンター。

そら豆みたいな白いイス。

アンタレス・ゼガ(セビア)

この場所はただのイメージ

本質では集合場所、情報交換する。

Qお互いから学び会えることは何か?

点、点すらなくなる。

緑色黄色  龍のイメージ。

Qビッグイベント

愛の広がり、交流、意識に寄り添うもの

総てとの違いを自分が作り出している。

投影しているだけ。

一瞬でおこる爆発するだけ。

縛りがなくなる。

何重にも縛りがあるけれど振動。

大きな愛

時間の観念自分が作っている(?)

証拠

動物の手のようなビジョン

白っぽい空間に人がいる感じ。

飢えたアフリカの子供たちの白黒写真


『輪切り』

注意事項、焦っている、エネルギー酔い。

先走りしている。

緊張を解かないと向こうが繋がれないし、分断意識を作る。




シェアはなかなかはかどらなかった…。

注意しにくい、微妙な突っ込みが入り続けて、とにかく話づらいし、聞きづらい。

そのうえちょいちょい、否定的なコメントをぶっ込んでくる。

それは、私がクリスタル前見かけた、足早に立ち去っていった女の人だった。

結局、お昼休憩を15分くらい食い込んで、やっと全員の体験談を聞き終える感じだった。

雨はほとんどあがっていた。







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

やさぐれ中・体験談29(めっちゃ個人的な事)

アセンション2・体験談27(B・Mメソッドレベル4)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿