αケンタウリ星人(ブルーの男性っぽい感じの人)との対話で、いろいろ意味が分からなかったので、後回しにしていたものです。


α「我々とは端子でつながっている。」


以下、ウィキから拝借

端子(たんし)とは電線を接続するための電子部品である。ターミナルとも呼ばれる。用途により、非常に多くの種類がある。また、電子部品そのものが有する電極金属線(リード)も端子と呼ぶ。


α「非物質の我々と、物質世界で活動している人間とは、違う次元に存在しながらも同じワームでつながっているのだよ。」


ワーム (worm) とは、英語でミミズやサナダムシなど細長い虫の俗称。蠕虫(ぜんちゅう)。
ワーム (コンピュータ) - コンピュータ用語で、自身を複製し増殖するプログラム
ワーム (ゲーム) - キャラクター端末用に開発されたコンピュータゲーム
一番目の細長い虫を模した釣り用のルアー(疑似餌)の一種。 ⇒ ルアーを参照
ワーム (伝説の生物)
Write Once Read Manyの略
特撮テレビドラマ『仮面ライダーカブト』に登場する宇宙生命体の総称
テレビアニメ『スカイガールズ』に登場する金属生命体の総称


α「彼ら(地球人の事)の感情エネルギーが他の次元の活動エネルギーに活用されている。

いわば、ボディ(肉体)とはプロトコルだ。」


プロトコルまたはプロトコールとは、複数の者が対象となる事項を確実に実行するための手順等について定めたもの。

日本語の意訳としては「規定」「議定書」「儀典」などがある。もともとは「人間同士のやりとりに関する用語」としてのみ用いられていたが、戦間期の学術的批判を経て、情報工学分野でマシンやソフトウェア同士のやりとりに関する概念を指すためにも用いられるようになった。


α「君たちはプッシュ機能しかないように思われているが、相互に連携している。」


ニフティクラウドモバイルバックエンドさんからお借りしました。そこから抜粋)

プッシュ通知機能とは

プッシュ通知サービスは、mBaaSによって提供される代表的な機能のひとつで、スマートフォンやタブレットに対して、外部から通知を送信できる仕組みのことを指します。送信者の送りたいタイミングで配信できるほか、位置情報と連携すれば、指定のエリアにいる人にだけ送信することも可能です。

プッシュ通知の内容としては、「アプリの自動更新情報」や「イベントのお知らせ」「新機能の紹介」などがあり、ユーザーにアプリの存在を思い出してもらうきっかけをつくることができます。



αケンタウリ星人(亜種)赤ピンク色の女性的な人から聞いた話

α「私たちとコンタクトを取るには、人間の大脳辺縁系を活性化させることが有効でしょう。」

大脳辺縁系(だいのうへんえんけい、英: limbic system)は、大脳の奥深くに存在する尾状核、被殻からなる大脳基底核の外側を取り巻くようにある。人間の脳で情動の表出、意欲、そして記憶や自律神経活動に関与している複数の構造物の総称である。たくましく生きるための生の営みを担っており、個体維持、種族保存といった基本的な生命活動を推進させ、本能行動と情動行動を起こさせる素になっている。海馬と扁桃体はそれぞれ記憶の形成と情動の発現に大きな役割を果たしている[1]。limbicの語源のラテン語であるlimbusは、edge すなわち「辺縁」の意である。


視床下部は大脳辺縁系の上位器官みたいですね、入らないです。^^;


二人のαケンタウリ星人とお話しておりましたが、前者はプログラミング用語などを使っている感じですね。

ブルーの見た目の方はやや男性的な感じの人で理論派というか、合理的な感じの話し方をする人でしたね。



後者は生物学的なお話が多かったでしょうか?

最後に、プラグを抜いたりしないが、コネクトケーブルをつなげてくる輩もいるから気をつけて、的なお話もありました。

こちらの気持ちを感じ取ってフォローを入れている感じがします。

多分、こちらの考えていることは、お見通しのような気がしますねぇ。

騙されないように注意してね、と気遣われております^^;


赤ピンクの方は平和的で女性的な感じの方です。

見た目ですけど、私、フナムシみたいな格好の宇宙人出てきたら嫌だな~って思っていましたから、それに見た目が引きずられた可能性があります。

実際はグロテスクでもなさそうですね。


彼女にはいきなり交配について質問をされております。

成長した後、個人差があって、それで全体の進化になるのか?的なことを質問されて、私は難しいかも…と答えております。

宇宙人としては、全体で統一した意識で活動をおこなっているのが標準のようです。

しかし、人類は個体差が激しいという事は、同じ出来事にあっても、対処の仕方にバリエーションがあるわけですから、こちらの方が種族の保持としては効率的な気がします。

それは、やはり個体差がある分、進化しやすいのではないかな、と思います。

その分、個体差のない宇宙人としては、様々な情報を取り入れることによって、対処にバリエーションを増やしたいのかな…という気がしますね。


本当のところはよく分かりませんが、宇宙探索する人の中では私の体験は少数派だと思われます。







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

宇宙探索コース(なにか分かるかも?2)体験談46

宇宙探索コース(こぼれ話)体験談44

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿