ちょっと前に、被災地支援っていいながら、被災地の為じゃなくて、自分のためでしょ?的なコメントをもらって、あ~、そうだな~と思った。

知り合いに被災者なんて、そもそも被災した時点で…とか、暴言を吐かれてたのを思い出して、メチャクチャ腹が立ったんだけど。

根っこの部分では、水に流されていく人をたくさん見て、手を伸ばしたけれど、誰も助けられなかった…っていう辛い体験があった。


生きている人、死んでいる人、流されているのをたくさん見た。

それは意識体での体験で、信じてもらえないかもしれないけれど、私は見た。


時間を遡って何度もリトライした結果、何十人、何百人の人が水に飲み込まれていくのを見て、私は精神崩壊をおこしかけて、ガイドに記憶を消されていた。

記憶がなくても、感覚は残っているから、私はその後、自分にできることならなんでもする、と思っていろいろ動き回っていた。


震災直後から、数ヶ月間は睡眠時間が毎日2~3時間だったし、実はよく鼻血とか、ゲ〇してた。

仕事の繁忙期でひどい時は残業月160時間以上とか、結構ブラック?な所だったし、それでも必死でブログ続けて、コミュニティを作って、人を集めて、合同レトリーバルを企画して、共同探索も同時開催していた。

共同探索の体験報告も、目を皿のようにして読み込んで、記憶して、誰かとマッチングできないかとか、その人の体験の傾向をさぐったりとか、メチャクチャ私生活をそっちにぶっこんでいた。

全部が全部、被災地支援の為の情報収集ではなかったけど、毎日毎日仕事が終わると、それから5~7時間はパソコンを操作していた。

それも、これも、全部自己満足で、今思うと、あ~そんなヘロヘロになるまで頑張っていたのねぇ、とか、愛しく思える。


大勢の人を集めて、大勢の人を助けなくちゃって強迫観念みたく感じていたと思うな。

毎月45回イレ・スタを開催したけど、基本、ほぼ定刻どおりに毎回参加していた。


自分でも、訳わかんないけど、とにかく、助けたいって気持ちだったかな。


今回、被災当時の記憶がしっかり蘇ってきて、あぁ~、こりゃ、私も被災していたようなものだわ、とか思った。


実際に生活している方からみたら、こんな事を言うのもおこがましいけれど、助けたいって気持ちは、本当で。

被災地支援したいって、気持ちは完全に私の自己満足。

他人の為っていうと、嘘くさいけど。

自分も被災者だと思えば、そうです、結局自分の為です、とキッパリ言えますわ。


途中で、私も勘違いしちゃっていて、大勢の人がいるほうがいいって思ってたけど。

少ない人数でもいいんだ、それでもできることをする、でいいんだって、やっと思えた。


この件の知人に否定されて、腹を立てていたのは、確かに自分の頑張りを否定されていたからって気持ちが強いな。

それは、確かに被災者より、自分の為に怒っていたと思う。

助けたくても、助けれなかったのに、そこまで東北の人を冒涜するのか…と、絶句した。


子供っぽいけれど、それも自分だと思うし。

非物質だけじゃなく、現実的にも支援したいと思って寄付も相当している。


目の前で苦しんでいる人を助けられなかった、無力感とでもいうのか。

土台に無理のある話で、自分の力でどうこうできる問題でもないけれど。

例えば、先にブルース・モーエンメソッドを学んでいたら、また違ったアプローチができたかもしれないが、それも仮定法過去の話であって、当時の自分にできる精一杯をしていたと思う。


とにかく、私はその負の感情を原動力として、活動していた気がする。



そんな中、自分の過去を思い出した。

父親に暴行され、息を吹き返した後、それを母親に告げたら。

突き飛ばされ、子供の皮をかぶった悪魔と罵られ、キズモノになってしまった、と泣かれ。

しまいには、無視される始末。

優しいお母さんじゃなかった、と同時に、某ブログで欠陥のある人だと笑いものにされているのに気づいた。


あの時、どんなに暖房をつけても、寒気がして足元からなにかがガラガラと崩れるような感覚がして。

30年以上信じてきたことが、まやかしだったと思い知った日だった。

この後、顔中に謎い湿疹ができて、誰にも会わず、6日間の年末年始のお休みはずっとゲリをしていた。

そんな出来事のひと月後位の話が、知人に暴言のバーゲンセールをくらった話になる。


自分でも、思い出すにつけて、アレ?アレレ?そこまで言う?そんなに言う?って位で。

活字にしてみて、驚いた。相当ひどい事を言っている。

クスクス笑いながら気持ちよさそうに言っているんだ。

普通、そこまで言わないよね???と、どーにも、嘘くさいというか、作り話っぽい感じがしてしまうんだけど。


当時の私は、え?そんな事を言われちゃうんだ、私…くらいの感覚でしかなくて。

普通だったら、もっと早い段階で怒って電話切っていると思われる。


つまり、どこか壊れていたから、反応が鈍くて、相手もヒートアップしてあそこまでの暴言になっていった部分もあると思われる。

でも、ちょっと…この人の元々の性格もあるだろうな…ちょっとそこは私にも理解できない。


結局、私の中で時限爆弾が点火したのが、今頃、という話かしら?

子供の頃から、なにかと辛い体験をしていたので、もしかしたら、あまりにショックだと、その場ではなんでもないフリをしてしまって。

安全な場所にきて、やっと感情を解除できる、そんな作用があったのかもしれない。



人とは違った体験をしてきているから、それは同じような体験をした人でないと、実感を伴って理解できないと思うから、共感してもらうのは、難しいと承知しているけれど。


それでも、自分は、普通の人だなぁと思う。

朝起きて、会社行って、サラリーもらって。

病気になったら、病院に行って。

嫌な上司がいれば、同僚と安い居酒屋でクダを巻いて、うさをはらしたりとか。

美味しいものを食べて、ご機嫌になったりとか。


本を読むのが好きだったし、文章を作るのが好きで、ブログをやったりとか。

本を出すのが目標だと思って、毎日暮らしている。


普通の人だと思う。


ガイドと会えなくなったのも、未だに理由は分からずだけれど。

もし、ガイドと自由に交流ができるままの人間でいたら、今の自分にはなっていないと思うし。


嫌な思いや、苦労もしたけど、それでも、それは自分の行動の結果だと思える。

苦しい中、もがき続けてきて、人と出会って、助けてもらったり、裏切られたりとかいろいろあったけど。


それも、これも、全部、自分の力で経験や価値観を受け取った、そんな風に思える。

そんな風に思わせる為、そんな体験をさせる為に、ガイドは姿を消したんじゃないか、と思えるんだ。


私は変わってきていると思う。

気づけば、周りに気持ちのいい人がたくさんいるし。

まぁ、私が勝手に期待しすぎないように、気をつけるところは気をつけなきゃだけど^^;


ガイドの姿見えへんとか言いつつも、私の気づかないところで、きっとすごく助けてもらっている気がするし。


今は自分の手の届く範囲で、自分のできることをしたいと考えているよ。


だから、もがき続けていたら、きっと変われる。

自分にはムリ、とかできないと思い込んでいたことができるようになったりとか。


だから、変われる。

今、苦しみの中にいる人に言いたい。


きっと変われる。

自分を助けれるのは、自分だけなんだよ。

大丈夫、自分を信じて。










いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  












スポンサーサイト

寝起き一発!

やせガマンだったと気づく。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿