これも、独り言みたいな日記です。

あんまり楽しい記事じゃないから、そういうのを期待している人は飛ばしてね!



先日、コンビニに向かって、道路をぽてぽて歩いていて、ふと思ったこと。

靴を履いて、歩いていて、足がチクチク痛くないのは、いいなって事。

なんの話?ってなるけど。

私の父親は、突然やかんの中のお湯が沸騰するみたいに、怒り出す人で。

そうなると、もう、手がつけられない。

ボコられるんだけど、ただボコるだけじゃなくて、声を出さないように、さるぐつわかまされたりとか、両手両足なんかを紐で縛られて、真っ暗な倉庫に放置される。

助け出されるまで、飲食なし、そして糞尿垂れ流しだね。


それで、自分の手足を縛っている紐をどうにか切れないものか、と考えた私は。

カッターの刃を、一つ、シューズのソールに仕込んでいた。

いざという時、靴を手元まで放り投げて、そこからカッターの刃を取り出して、紐を切る為ね。


これだと、雨が降ると、水がしみてくるし、足の裏に当たると、チクチク痛む。

そういう小学生だった。って、どんな小学生だ!?


DV家庭で育った私は、サバイバー。

そして、母親はそんな父親の振る舞いを見て見ぬふりをして、父親の事を、悪く言わない。

私がこんなことをされた、と家族に訴えたとしても、それは必ず却下される。

自分をかわいそうがって、嘘をついているんだ、頭がおかしい奴、と家族に馬鹿にされ、はやしたてられるし。

躾が必要だ、と言って、父親に余計に折檻される。



そんな肉体的だけじゃなく、心理的にも過酷な状況で育った。

性的虐待も加わっているのを思うと、よくまともに育ったな…と思う。


中学時代は、学力を上げる為に、そっと2階のベランダから飛び降りて、図書館で勉強したり。

黒電話が飛んできたら、電気コードのU字で、畳に固定された所や受話器のコードの付け根を起点として、力点、作用点、を瞬時に計算して、その動線を予測して、360℃どの角度でどのタイミングで飛んでくるかを見抜き、ごく少ない動きでそれらをすべてかわす…という事もしていた。

映画マトリクスのキアヌ・リーブス並の動体視力。


意外かもしれないが、実は運動神経がいい。

ただ、体力がないだけ。生まれつき心臓も弱いしね。


体を押さえつけられて、受話器で殴打されたら、どうにもならんけどな。

それで何度か肋骨にヒビが入っている。


セーラー服を捨てられた事もある。(翌日どくだみの中で発見。その後学校で便所虫というアダ名をつけられる)

元々、ノートも満足に買えない。

毎月の給食費もたびたび滞納する。

クラスメートに給食を削られたりとか、いじめられる。


担任には、『民事不介入だ。学校に厄介事を持ち込むな』と釘をさされた。

虐待に気づいていたけど、私がSOSを発しないので助けない事にされた。


勉強ができなければ、高校進学を諦めると考えた父親に、教科書を燃やされた事もある。

必死で、授業の内容を、耳コピして覚えた。

それで高校受験したし、学費は弟と小芝居を打って、資産家の祖父母の耳に入れて、出してもらった。


私の子供時代はサバイバルだ。

アレ?もしかして、能力高い?

てか、そうでなきゃ、死んでたかもしれないしな、生きる為に必死だってばよ。


そんな作り話じみた体験談だけど、悲しいかな、これ、すべて実話。

高校生になると、また状況が良くなって。

英語が苦手で、プログラム言語が英語だったし、情報処理の科目が苦手だったけど、偏差値は65位。

苦手教科を除けば、調子のいい時なら偏差値77位。

それでも、お金がないから、大学進学を諦めた…。


高校3年間で、図書館で回転率のいい本を300冊位読んで、時流を読み、高卒で就職した方がいいと判断したのもあるけれど。

根本は自信がなかったから、かな…。


片親で、実家が自営業で、家業の手伝いと、家事と部活とバイトをやって、その成績なら、優秀な方だったと思う。


一部の人だけど、ネットをやってて、なんで馬鹿にされるかな~。

どうして、バカだと思われるのかな~と、思ったら。


最初の頃は、『私は頭が悪い』って口癖を使っていたからかもしれないと思った。


実際小学校に入った時、全然勉強ができなかった。

今、思うと、共感覚(きょうかんかく)ゆえ、だったんだけど、そんな認知がない時代だし、理解されなくても仕方ない部分もある。

(私の場合、形や音に色を感じる。教科書の文字が色とりどりのパステルカラーに印字されて見えて、うまく読めなかったりとか、教材の色を違うふうに認識していた。

先生の説明が色の吹き出しに見えて、意味が理解できないことが多かった。)


そして、親たちから、強烈に『この子は頭が弱い』と、押さえつけられていた。

自分たちの悪事が露呈するのを恐れての、保身からくる洗脳だったと思う。


やれやれだ。

そーゆーのに、気づくのに、40年かかった。

お母さんの、我が身かわいさ、は娘である私にかなりの負債を負わせた。


やめてくれぇい。


世のお母さんにもちょっといいたい。
子供の味方になってほしいよ。

その旦那と一緒にいて、この子供の為になるのか?
その男と一緒にいることでしか、幸せになれないと思い込んでいないか?

自分の力では生きていかれないと、思い込んでいないか?
子供を犠牲にして、自分もちょっとガマンすればいいだけ、で、本当に幸せなのか?
窮屈に押さえ込まれていない?
知らず知らずに、相手の都合のいいように、枠にはめられていない?

それって、ほんとに幸せ?
女だから、仕方ないって、どこで、どうやって決まっているの?
それって、旦那に押さえつけられているだけとかじゃないの?

頭痛とか、めまいとか、耳鳴りとか、普段からしてない?
お前は繊細すぎるんだ、そんなの気のせい、もっと気を大きく持て、とか旦那に言われてない?
結局、その人、あなたの心配してないよね?
そいつ、バカだよね?そんなの信じてついていくの?
身体の不調をほっとくの?

普段のやりとりとか、他の人に話してる?
未婚の友達とか、遠くに住む、気を許している親戚とか。
旦那の発言、それ、モラハラじゃない?とか言われてない?

それって言いづらいと、思っていない?
そうやって、気を遣わせるように、洗脳されてる可能性とかなくない?

人に話したら、旦那の事を悪く言われちゃうって、心配しているから話せていないだけじゃない?

お前は年下だから未熟だ、とか。
働いていないから、そんな事が言えるんだ、とか。
世の中は働いている男性が回していて、女性はおとなしく養われているのが幸せなんだ、とか。
そんな事、たびたび言われていない?
子育て中は、ネット禁止とか、携帯を取り上げられるとか。
コミュニティに入るのは母親業をしている人間としてはよろしくないとか、僕の機嫌を損ねるのか?とか言われてない?

自尊心、削られる思いして、発言を押さえ込まれていない?

DVってね、肉体的じゃなくて、言葉の暴力もあるよ?
普段優しい事を言っていても、自分が気に入らない意見を言い出したとたん、それを否定して押さえつけてくるのも立派な暴力だよ。
こっちが無気力になると、あ~、情けない、繊細すぎる、器が小さいねぇとか言い出す奴、それもね言葉の暴力だよ。
そんな人間だからこそ、僕の意見を聞いていたほうが身の為なんだ、とか。

どこまでも自分カワイイ人間と一緒にいて、精神消耗してない?

とりあえず、聞き流すのもオッケーだけど。
自分はそんな事を言われて当然な人間だとかは勘違いだから、そこは戦っとけ。

なめてかかってくるやつは器が小さいんだよ、弱ったところにつけいってきているだけだから、ほっとけ。
馬鹿言ってんじゃないって言い返してやれば、ちっちゃくなるよ。

言い返さないから、もっと言っていいんだって勘違いしているんだよ。
馬鹿だから、想像力が足りないんだよ、そこは自覚しといて。

自分には、他にも頼れる人がいるって、気づいて!
周りを見渡して、自分の事を気にかけてくれる人がいるって気づいて!

そーゆーやつは、人と親しくなるのを嫌がるから。
自分がおかしいと気づかれたくないから、人と交流するのを遮断したがるから!

周りをもっと、よく見て!!



いや、すまん、ちょっと個人的に感情的になっちゃったな。^^;



それで、また話を戻すと。

ま、私も、親のせいにするのも、はばかられるお年頃。


なんか、できる。

いびつな環境で育ったけど、それでも生き残れたんだから、私、なんかできる。

そう、思っているよ。










いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

不思議な一致

教訓。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿