友達とファミレスに待ち合わせて、作戦会議です。

なんの?って、それは、またおいおい。^^


私と、男性3人の取り合わせで、なんとなく不思議な組み合わせです。

それで、スピリチュアルな事も話せる人達だったので、ちょびっとガイド拝見の事を話していたんですよ。


プライバシーもあるし、詳しい内容は彼らに説明していませんが、知り合いのガイド拝見をして、そのまま質問を投げかけたら、ガイドさんには『丸投げか』と、答えてもらえなかった。

私は、自分の過去の経験からいって、こういうパターンや、こういう事情が考えられますけど、どうですか?と重ねて尋ねたら、「それでいいじゃないか。」とだけ。

あとはちょっとキツめのコメントと、ちょっと私には意味が捉えられない情報になってしまって。

結果をそのまま伝えたら、相手を凹ませるような内容になってしまって、うまくいかないものだなぁ、と思ったとか。

ガイド拝見でも、インタビューの仕方とかに問題があるのかしらね?とか話していたら。


それは、分かっているなら自分が説明しろよ?(対人間で)と思われたんじゃないか、とか。

質問が他人(=しんじゅ)に聞かれたくないし、答えたくないと思われるような、内容だったんじゃないか、とか。


『それでいいじゃない』が、答えで、しんじゅさんが考えたとおりで正解だったんじゃないか、とか。

本人の質問も、自分の考えを提示してから、あっているかどうか尋ねて欲しいと思われたのでは?とか。


なんでも答えたら、本人の成長にならないと思われたんじゃないか。

本人に考えさせたい=試行錯誤して、間違ってもいいから、自分で対処する経験をさせたい、つまり本人の成長をのぞんでいるんじゃないか。

私の質問の仕方も、ストレートにきくだけじゃなくて、ガイドさんの人となりを見て、ちょっと変化をさせてみたほうがよかったんじゃないか、とか。

先にガイドさんと信頼関係を築くか、安心して答えられるような雰囲気作りをしておいた方がいいんじゃないか、と言われて。



あ~、なるほど~、そうかぁ、そこまで気付かなかった、とか思った次第です。

うん、人に話すと、いろんな意見が聞けていいねぇ。


それでね、ちょっとそこにいる人たちのガイド拝見もさせてもらったんですよ。

気心の知れた人、ちょっと顔見知り程度の人、いろんな質問を投げかけてくるタイプの人と、いろいろね~。


それでね~、感じたことや、見えたビジョンや、言葉なんかをサラサラとその場でイラストにしたり、文字にしたりして、答えていたら。



意外と、疲れないんですよ。

それに、妙に具体的な質問をされても、それは3年後、とか。

目標の達成率なん%とか、ここに集まった人間の共通点は、とか。

その問題は、この時間帯に寝るといい、とか。

ガイドさんには、子供がいたけど1歳位で死んでしまったらしい、とか。

途中でとんでもない?質問が飛び出したりしても、こんな風に感じる、とか。

この問題で影響を受けているのは、3人とか。

見えない、そこは隠されている、とか。

(質問事項、全部分かるわけじゃないです。)

魂の属性はなに?とか、どんな仕事が向いている?

社員が入ってこないのはなぜ?

子供の病気は治る?とかエトセトラ。

そのまま、言っていたら、意外と私、弁が立つのね~と、感心してしまった。


で、不思議なのは。

実はメンバーの中に一人霊能者がいて、その人のガイドさん情報がほとんどあたっていた、ということと。

顔見知りの男性の問題で、彼らはそこのお家に行って、なにかしてきたらしいのですけど。

私が感じたお家の違和感とか、家族の方の雰囲気とかそういう所も一致していたという。

ガイド拝見をされた人も、以前別の人に見てもらった内容と一致している、とか。


アレ?それじゃ、私のリーディングの精度高いってことなの?

なんか、自分で言うのもなんだけど^^;

目に見えないことだし、言ったら言いっぱなしになっちゃうじゃない?って気持ちがあってね。


そうか~、一致していたってことは、お互いの知覚が検証、補完できて、よかったなぁ~、と思いました。


そんな訳で、ご飯をご馳走になり、パワー注入をしていただいたり、知恵を拝借したりと、その代わりガイド拝見をしたりと、お互いメリットがありつつの、ファミレスでの一幕でございました。


しかし、帰宅後も興奮して、よく寝れなかったな^^;

慣れも必要でござるなぁ。








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

行き止まりもある。

カッターの刃

comment iconコメント ( 1 )

いい時間

良かった集まりでしたね。うらやましい!

私も前に、そんなお仲間サークルみたいのを作りたくて。
でも見事失敗に終わりました。説明不足だったのか。
蓋を開けてみたら、ギブ&テイク、winwinではなく、
欲しい欲しいの人ばかり。
今日のしんじゅさんのように、検証しあったり、
自分の知覚を与え合ったり、
それによって、自身の知覚も広げていけるし、
集まって、同じ土俵でこんなあんなを話せるのもたのしいよね。
が、始まりだったはずなのに。
言葉とは裏腹に、自分の利益だけ考えてた人が半分占めていた。
知覚者故に、
「私のチャクラを勝手にいじって盗もうとしてる」と言い出した人がいて
(それはあってたみたいだけど、
ただ本人に自覚があったかどうかは??でしたが)、
はぁ~難しいなと思いました。

ちょっと愚痴ちゃった。昔のことだけど。

名前: yoko [Edit] 2017-02-05 22:49

コメントの投稿