思ったより、長くなっちゃたな…。

少し対話をしていただけのつもりが、意外とたくさん話していた(主に自分が)^^;

念のため、補足説明入れておきますけれど、お風呂での会話と言っても、あちらのガイドさんがお風呂場に現れたわけではないです。

ドラえもんの「いや~ん!のび太さんのエッチ!!」っていう感じじゃなくて、意識だけ私も相手の方に飛ばしているような感じかな…。

お互い、望遠鏡で視点を合わせつつ、スクリーンに映った映像を見合いっこしながら、音声が流れていて、そこはお互い聞こえているっていう感じ…。

余計分かりづらいか?^^;

まぁ、ともかく、そんな感じで、アンティノウスさんに促されて、自分の考えなどをお話しておりました。

つい、口をついて出る(実際は無言ですが)言葉に、そうか、私は自分をとりまく環境や、彼女の事をそんな風に考えていたのかと思いながら、お話をしておりました。





『引っくりかえしたい、とは思わないのか?』



え?そこまで私、楽天的じゃないわ。

もう、ガイドとラブとか言ってる時点で、頭弱いと思い込まれているもの。

他人の考えを変えさせるなんてことは、基本不可能だと思っておいた方がいいわね。



『不当に貶められていたのだぞ?見返してやりたいとか考えないのか?』



ん~、私の一部分を見て、そう判断したんなら、しょうがないかなとも思うし。

そう、なんていうか…。

私の資質をそう、思い込むその人に、なにか事情や背景があるのかな…という気もするのよね?

スピの営業的な利点があって、貶めるとか。

美形ガイドが好き=頭が弱い不細工の貧乏人と決めつけられたりとか。

他人を悪く言う人ってなにか問題がある気がするのよね~。

私を劣悪な存在と認知する、そこにどんな投影があるの?という問題が潜んでいるような。

直視しがたい悩みを抱えているのかもしれないわね。

それは当人の問題であって、私に起因するものではないから、関係ないわね。


それに、他人の考えを改めさせる事が可能だと考えるほど、地頭は悪くないつもりだわ?



『スピリチュアルの能力だけの話をすれば、従う人間も出てくると思えるが?(笑)』



ん、時間の無駄ね。

時間は未来に向かって流れているのよ?

人を救えるとも思っていないし、スピの能力があるのが特別なことだとも思っていない。

ちょっと人とは違う経験をしているけれど、私は普通の人だもの。

不思議なのは、スピリチュアルの能力がある、という人が他者を悪く言う事なのよ。

例えば、他人のプライベートを共同探索にあげて、どんな人と付き合っているかを調べる、とか、意味が分からないわ。

そこにどんな興味のベクトルが働くのか理解不能なのよね。

どこが楽しいのかしら?たとえ、それで検証の結果、正確なデータがとれたとして、それを得てその人たち、何が残るの?

ゴシップ的興味?それがスピリチュアルの能力を使ってわざわざやること?


もし、私が、自分とは相容れない考えの人がいるな、と思ったら。

そう、この人はそんな風に考えるのね、でおしまいで、興味を持たないわ。


それか、どうしてそんな考えに至ったのか、興味を覚えていろいろ教えてって近づく。

どんな仕組みなのかしら?って、自分に役立てたいと考えるの。


自分の望む方向に進みたいから、それに役立ちそうなことに興味を向けるわ。

だから、どうも、そこらへんが理解ができないのよねぇ。

私もめんどくさがりで、適当な人間だけれども。

せっかくスピリチュアルの能力があるのなら、真理を探求したいって思っちゃうんだけど。

どうも、少数派みたいなのよね~。



『クス。教祖にでもなったらどうだ?(笑)』



だから~、スピで人は救えないって。

今時教祖なんて、ダサいわよ。


ガイドラブとか言ってもね、私、基本アンチスピな人なの。

スピリチュアルが好きでも現実主義なの。

こないだの宇宙探索でも、アセンション?それって食べ物?で入ったんだから。

あれって、数年前のブームだよね?

そうそう、私の事悪く言ってた人たちも、アセンションにえらい期待していたなぁ~。

だから、興味もてなかったのかもしれないなぁ。


なんかなぁ、ライトボディにあと30年でなれるって話聞いた時。

そりゃ、多分なっても300年後だ、とか思っちゃうのよね。

宇宙人、人間に期待を持たせる為にいいことしか言わないんじゃないの?って。

体よく、宇宙人に感情エネルギーを搾取されてんじゃね?とか考えちゃうの。

まぁ、あの中では私が異端だと思うけどさ。


なんか、スピにやたら即効性を期待しているみたいなのよね~。


私なら、お腹を空かせている人に、お魚をたくさんとってきてあげるんじゃなくて、お魚の釣り方を教えたいわ。

その方がお互いの為じゃない?



『教祖向きだと思えてきたぞ?(笑)』



過去にね、宗教団体に家財を食い荒らされて貧乏になった事があるの。

兄も偏差値70以上あったけど、進学もままならなかったわ。

私もお腹すきすぎて、うっかりグラスかじった事もあったくらい。

それが、皮肉なものよね~。

母親の死に目を荒らされた憎いあの団体の特技、私マスターしちゃったんだから。

仕組みさえ知っていれば、誰にでもできちゃう。

入信の必要なし。

非物質世界でも等価交換だという事さえ分かっていれば、問題ないのよ。

でもね、これでお金儲けしようとか、そういう事は考えていないの。

人の弱みにつけこむような真似する人を私、軽蔑しているの。

私、そんな人になりたくないのよね、だから興味ナッシング。

オーケー?




ここらへんで、お風呂から上がって、バスタオルで体を拭いていたりしています。

髪の毛をタオルで挟むように水分をとっていたら。



『…私の事はどう思っている?』



個人的には女の子を力ずくでどうこうする奴は死刑にしろって考えの人間だけれど。

たとえ今が両想いだとしてもね、そんな男死ね!って思っちゃう。


これは、私個人の考えであって、世間一般にそうであるべきだとまでは思っていない。

人を一人殺したら、死刑にしたほうがいいんじゃないって思うし。

最近、身内を殺人で失った人間だけれど、迷惑だし、極めて身勝手な行為だと思うわ。

けど死刑制度については、冤罪を考えると肯定しきれない。

おっと、話がそれたけど、あなたの場合は…。


あなたの生い立ちを思うと、最低な奴だと否定しきれないのよね…。

しかたなかったんじゃないかって思えちゃうのよ。



『…君はすごいね。』



へ?



『君は死んでも構わないと思っている存在に対しても事情をくんで、許容している。

その受容力がすごいと思ったんだ。』


あ、いや、どうも…。

そんな事は。

でも、ありがとうございます。


あなたが生きていた時代は今よりうんとアンモラルがまかり通っていたと思うし。

あなたも5才や6才で養子に出されたところで大人の男性に乱暴され続けている。

どれだけ辛かったかと思ったら…。

養護されるべき大事な時期に大人にそんな目に合わされたら自分もそうしてもいいと考えてしまうのはあなたの責任ではないわ。

私だって、あなたの立場だったら、同じ事をしないと言える自信が全く無い。

もっとひどいことをしてしまうかもしれないわ…。


最近のカリギュラの話を読んでも、そうね…。

相手を最低最悪の状態から救う為に、あえて悪役を買って出ている…。

どれも愛ゆえ、と感じるのよ。

根本に渇望もあるし、どうしても肉欲に左右されてしまうところもあるけれど。

あなたたちの過去世はどれも悲恋ばかりで切なくなってしまう。

でも、なにか、役目や役割があるように感じるのよねぇ。


おっと、こういうまとめ方はあまり好きではないけど、つい言ってしまった。

でも、今の段階に来て、さらに別のモデルを模索しているようにも感じるのだけれどね。



『私たちの魂の卒業が近いと感じるかい?

自分の事はどう思っている?』



へ?なにそれ、いわゆる最終ステージって奴?

そんなの、私には分からないわ?

死んだら分かるんじゃないの?

気にしたこともない。

上のディスクに情報を持ち帰って、統合されて、そしてまた輪廻するか、どうか決まるんでしょう?

その時考えればいいじゃない。



『君はHeleneを知る事で、自分のサンプルになると踏んで近づいた。

それで、スピリチュアル的観点からいって、私たちのことをどう捉えている?』



ん、それは…。

最初は彼女のことをよく知れば、自分がなぜガイドと会えないのかのヒントが手に入るのかを知りたかったんだけど。

途中でどうでもよくなってね。

まぁ、要するにHeleneさんのファンなんだけど。

そう、私と、あなたたちとでは決定的に違うところがあるのよ。

それを、ちょっと前に的確な言葉で思いついたんだけど…。

ご、ごめんなさ~い、今、思い出せないわっ!

なんだったかしらっ!(;´д`)



『別の視点で捉えてみよう。

君は輪廻をどう捉えている』



へ?あ、それは、う~ん。

因果応報、課題のやり直しやり直しって考え方もあるし。

ただ単に経験をすること自体が目的のような気もするのよね。

さらに、個体として経験する事、そのものが、別次元へのエネルギー供給に使われているような…。

多少のスペックは生まれ変わりでも使いまわせるものだと思う。



『では、人間とガイド。

さらにそのガイドを管理する上位存在。

それらについては、どう考える?』



へ?あ、まぁ、愛そのもの…という考えに異論はないのだけれど。

どうも…なんか、まだ全体像が見えないのよねぇ。

例えば、人間が肉体を持って、病気で苦しんでいたとする。

でも、助けてはもらえないの、苦痛のまま。

かと思えばヒーリングで癒すこともできる。

生死だけが決定されていて、あとはガイドの裁量で変化を起こす事ができるけれど。

それすらも、管理されている気がする…かな。

よく分からんけど。



『独善的だとは思わないかい?

ガイドが人間の人生に介入するなんて、感情の搾取に近いと。

スピリチュアルの能力のあるなし、関係なく人間が管理されているとは思わないかい?

それと、なぜ僕たちは権力や愛や欲望にまみれた人生ばかりなのか。

そして、ツインとしてどうして同じ相手と何度も血まみれの人生を送るのか。

作為的なものを感じるのは僕だけ?』



いや、それは、そうなんだけれど。

そこまで深く考えたことないし、ちょっと、どうかな?



『では、君の人生はどうだ?

おかしな事ばかりじゃないか?

どれもエゴにまみれた人間ばかりと出会っている。

その中においても、良識を失おうとしない君の精神構造にもなにか作為的なものを感じるのは僕だけ?』



え、あ、それは、えっと、そうかも。

子供の頃から、どうも時間を遡ってなにかから干渉されている気がするんだけど。



『それは言い換えると非物質からの働きかけがあるってことだよね。

それってガイドが関係していると思わない。』



あ、そうね、そうかも…。



『君はどこまでが自分の振る舞いだと限定できる?

過去からも未来からも今の自分の人生が影響を受けている。

そこにガイドの働きかけがあるとは感じないか?』



え、あ、そう、あの、ちょっと、ごめん頭が働かなくなってきた。

もうちょっとゆっくり話してもらえるかしら?



『スピリチュアルの学びという名を借りた、人間の人生を実験台にしている存在があるとは思わないか?

それを人間自身が自覚せぬまま、盤上で踊らされている。

その視点は持ってる?』



え、あの、ちょっと、話の展開が早い。

ちょっと思ってたのとイメージが違うわ。

思ったより気さくでたくさん話してくれるのはいいけど、この人頭の回転が早すぎる。

話す内容の密度が濃いし、情報量が多くて、記憶しておける自信がなくなってきた。


薄々そうなんじゃないかって思ってたけど、この人頭いい。

これは違う意味で会話をひろいにくいガイドさんだわ。


こんな人と日常的に会話しているHeleneさんってやっぱ頭いい。

ご、ごめんなさ~い、頭が混乱してきちゃった。

Heleneさんの質問事項も、なんだったかきちんと確認したいし。

また、ガイド拝見は後日、改めてお願いします~。

今日はムリぽ。



『いいよ。』




ってな感じでございました。

なんか、これ、私がガイド拝見をしているっていうより。

ガイドさんに、私が拝見されているって感じっぽいな。^^;


今までは、質問すれば答えてもらえる感じの方ばかりでして。

今回は、一枚上手でございました。






いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  











スポンサーサイト

マイガイドにどやされる。

人様のガイドとだべる。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿