お昼ご飯を終えたら、今度は共同探索です。
参加者が持ち寄った故人の名前の書いた封筒の中に、その人の写真が入っていて、それを皆で知覚してみようというイベント。

誰がどなたのを持ってきたのかは内緒で探索が行われます。

さて、最初の方の共同探索。
トレーナーさんのナレーションに従って、イメージしていきます。

『愛を感じるワーク』を行い、『グループ』の存在を意識しつつ、『意図と思い出す』感覚をつかみつつ、『集合場所』に入っていきます。
『集合場所の中』の様子を見て、クリスタルの前でウーアーを三回やって、クリスタルの中に入ってエネルギーチャージ。
それからドアを通って、小径の先にあるベンチに座ってガイドに来てもらいます。

すると、今度は柔和そうな若い外国人男性が現れました。
今回の探索の全体のヘルパーに回る方だそうです。

へ「こんにちは~、あ、どうもどうも。今日はよろしくお願いします。(≡^∇^≡)」

と、にこにこしていて、感じのいい方です。
参加者全員に挨拶を交わしながら、なにやら説明をしております。

ちょっと遠目でよく見えませんでしたが、ちょっと長めの前髪の黒髪に、黒い瞳の彫りの深い顔立ちのイケメンでした。
目元がくりっとしていて、優しそうな感じ。
こりゃまた、エライ美男子が現れたなぁと、人ごとのように見守っております。

で、メンバーさんはどうかと目をこらすと、すぐ左隣にいたはずの、Tomさんの気配が無い…。
いや、Tomさんの頭がユラユラと揺れていて、ん?と、思ったら。

なぜか、人型の銀色の風船に等身大のTomさんの姿がプリントされているのが、地上20cm位の高さで浮き上がって揺れている…。
床に黒い紐で結えられていて、風にふかれて、等身大風船がゆ~らゆらと揺れております。

と、トムさん、どこ行った…。(・・;)
これはTomさんの身代わり風船か…。
これは、Tomさんのガイドさんの仕業か…。
なんというおちゃめなイタズラをするガイドさんなんだ…。

などという一幕もあったりして。

この時点で、Tomさん以外のパートナーは全員知覚しておりますし。
各自のガイドさんらしき人影もセピア色の人影として認識しております。

それ以外にもゴチャゴチャとかすかな気配がしておりましたので、ヘルパーさんやら、他の探索チームなどがいる可能性もありますね。

クリスタル前はとても賑やかしいのでした。
そうそう、薄黄色に輝くクリスタルの中に入ったときに、水色のベストを着た、白いうさぎが懐中時計を取り出して見つめているという、アリス・イン・ワンダーランド的なファンタジーなビジョンも捉えております。

それで、最初のターゲットの名前をトレーナーさんが読み上げて、探索に向かいます。

私の知覚は、最初に母方のおばあちゃん家のフィルターがかかってしまって、そこの家の情報そのままに知覚してしまいましたよ。(宗教をやっていたとか、本家だったとか、そういう感じ)

いろいろビジョンをみましたが、鯉のぼりとか、のどかな田舎とか、白地に青のカスリ姿(和服)で日本家屋にいたとか、16菊花紋の記念硬貨とか、クラフト(手作り)が趣味だとか、責任感が強い、まじめで、時々軽いとか、戦争を知っている(世代)だとか、そういう感じでした。
写真を持ってきた方への特別なメッセージとしては

『大切なのは家族だ。記念じゃない(物より思い出的なニュアンス)』
朱色の紙から懐中時計が出てくるビジョンなのでした。


正解は、まぁなんとなくかすっている感じでしたが、他の方との知覚でも似たようなものがいくつかあったので、とても嬉しかったです。







いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
 
スポンサーサイト

B・Mレベル2受講♪8(共同探索2)

B・Mレベル2受講♪6(シェア)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿