ヨッちゃんのお母さんからご飯だと声がかかったので、子供達は階段を降りて台所まで移動していった。


ヨッちゃんには、アタマいい意味がねぇじゃんか…とかあきれた感じでつぶやかれたが、コロッケが楽しみな私はぜんぜん気にしていなかった。


食事が終わって、再びヨッちゃんのおばあさんの部屋に子供達だけで戻っていった。

一緒に宿題をするためだ。


とはいえ、とりあえず、食後のテレビということで、ヨッちゃんのおばあちゃんは歌番組なんかを流してくれていた。


こたつに入って、温かいお茶を湯のみで頂きながら、食後の休憩となったのだった。



テレビでは黒柳徹子さんがいろいろ喋りながら、今注目の歌手の紹介をしていた。



二人して見入っているとヨッちゃんが言い出した。




ヨ「なぁ!お前んチの姉ちゃん、バケモノな!?」



私「え?」



ヨ「オレ子供だったから、お前んチの姉ちゃんと一緒に学校行ってる時は、あんま気にしてなかったんだけど。ってか気づいてなかったんだけど。」



私「はぁ。」



ヨ「お前んチの姉ちゃん、スゲーのな!

こないだ、久しぶりに会って、ビビったよ!」



私「え、何、悪口か?」



ヨ「ちげーよっ!

褒めてんだよっ!


何、あの美形!

あんな美少女、見たことねぇ!

どーして、あんなにキレイな女の人ができるのか、不思議でしゃーねーよ!


オレ、あれ以来、テレビみても、どのアイドルもイモみたく思えて、楽しめねぇんだ。

百恵も郁代も伊予も明菜も聖子も、全部ダセー。

ただの一般人にしか、見えねぇよ。

なんでこいつらがテレビに出れてんのか不思議に感じてくる。」



私「はぁ、お姉ちゃん、すごく可愛いもんね。」



ヨ「なぁ、お前の姉ちゃん、東京に行くのか?

高校はホリコシ学園か?

スカウト来てんのか?」



私「や、来てないよ。

こんな田舎に来るわけないじゃん。

ウチラと一緒だよ、地元の高校に行くと思うよ。」



ヨ「あれ、マジ神レベルな!

目がチカチカして、光って見えた!

後光!?後光が差してんのかっ!?

あんなにキレイなお姉さんだと思ってなかったんだよな!

うぉぉ~なんで、あんな顔の人間がいるんだっ!」



私「…さっきはバケモンって言ってたクセに…。」



ヨ「なぁ、オレ興奮して、オバァに聞いたんだよ。

どうやったら美形ができるのか、そーしたら血筋だろうって話だよ。

親が美形なら、子供も美形ってやつな!

金持ちとかだと、男が普通で女が美形ってのはよくあるらしいんだけど、それだと美形が生まれるとは限らねぇんだと。
逆でもそう、けど、普通同士のかけあわせよりかは子供が美形になりやすい。
それでも二人の顔が混ざっちゃってやっぱり普通になっちゃうのが多いんだと。

けど、代々美形の連れ合いを重ねた家系だと、美形が生まれる確率が高けぇんだってさ。

なぁ!お前、残念だったな!

あんなキレーな姉ちゃんと同じ両親から生まれたのに、あんま似てねー。

お前の父ちゃんと母ちゃんもカッコイイもんな!

せっかく美形が揃った親のトコに生まれたのに、お前、もったいなかったな!」



私「……あぁ、よく言われる…。」



ヨ「だろ!?

なぁ、あんなキレーなお姉さんが一緒に暮らしてたら、落ち着かねぇよなぁ。

今、通学団が一緒だったら、どうだろう?

はぁ~ソワソワするぅ~♪

なんで、あんなカンペキな顔を持つ人間がいるんだろうっ!」



私「ヨッちゃん、お姉ちゃんと一緒の時、小二だったじゃん。

今も四年なら、まだ子供じゃん…。」



ヨ「ちげーよ、やっぱ小学生と中学生では全然レベル違いな!

オレ子供だったから、その価値分かってなかった。


あぁ~中学では通学一緒にならねぇんだよなぁ。

ってか、アッチは高校生か。


はぁ~目の保養だ~~。

美しぃ~~~。」



私はぼそぼそと小声でつぶやきます。

ヨッちゃんには聞こえていません。



私「『え~~?私、地味だからぁ~?』


『え~~?そんなこと無いよ~?

しんじゅちゃん、可愛いよ~?

ちょっと控えめな感じがよくな~い?』


『だよね~、しんじゅちゃん可愛いよねぇ~。』


って、そんな社交、ヨッちゃんには無理か…。


ヨッちゃん、子供だし、男子だし、ヨッちゃんだしね…。


ヨッちゃんに、社交期待してもね…。


人のこと言えないや、社交をする女の人の気持が分かった気がする。


おばさんも褒めてくれたし、きっと、しんじゅちゃんもちょっとは美少女だもん…多分…きっと…めいびー。」








いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

対価ですっ!?(少女時代76ー10)

労働ですっ!?(少女時代76ー8)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿