職員室のドアに向かって歩いている私は、とっさに振り返りました。



私「えぇ?

お母さんの病気が治る?」



担「そうだ?

いい方法を知っている。

知りたくはないか?」



私「はい、知りたいです。

教えてください。」



担「それには、まずお前の母親の秘密を知る必要がある。」



私「…先生、私をからかったんですね。」



担「いいや?

真実だ。

お前の母親は、どうせ、普段から頭が痛いとか、胃が痛いとか言っているんだろう?」



私「どうしてそれを!」



担「くくく。

容易に想像がつく。

それは精神的なものから来る病気だ。

つまり心因的な悩みを取り除けば、病気は平癒する。

簡単な理屈だ。」



私「それで、何をすればいいんですか?」



担「だから、お前の母親の真実を暴け。

それで万事解決する。」



私「お母さんの悩み相談に乗れっていう話ですか?」



担「まぁ、端的に言えば、そうなるかな。」



私「先生!ありがとうございます!

先生、いいところあるんですね。

では帰ってお母さんに聞いてきます。」



担「ダメだ!

容易に語ることができないから、悩みを抱えるんだ。

しかも、子供のお前に母親の相談に乗れると思うのか?

そうそう語ることができないから、深く悩んで体を蝕んでいるんだ。

そこで、相談なんだが、私から真実を知りたいとは思わないか?」



私「あ、はい。

先生教えてください。」



担「そうそう、そうやって可愛くしていれば、可愛がってやるよ。

まず、お前の母親の悩みを解決する方法。

一ついいのがある。

悩みの種をなくすことだ。


つまり、お前が死ね。

そうすれば、悩む必要もなくなる。

できれば子供たち全員死ぬのが望ましいな。」



私「…先生、なんていうおっしゃりようなのですか…。

失望いたしましたわ…。」



担「はっ!

お前、何様のつもりだっ!

私を上から目線で糾弾できる玉だとでも思っているのかっ!

卑しいメスがっ!」



私「はっ!つい。

でも、先生、ヒドイです…。」



担「お前の母親を救いたいというから、方法を教えてやったまでだ。

お前の母親が死ぬか、お前たち子供が死なない限り母親の苦悩は解放されないぞ?

母親思いの子供なら、まず、お前が死ね。

そうすれば、心の重荷が軽くなる、病気がよくなること、間違いなしだ。」



私「…今度こそ、失礼します。」



担「なにが、シツレイします、だ。

お前もお前の母親がシツレイなんだよ。

生きている価値ないんだよ、卑しい低脳のメス豚どうし、傷を舐め合っていろ!

なに、小賢しい口のききかたをしているんだよ!

みゃーみゃー鳴いて、方言を使え!

精神レベルが低いから、周りの人間につけこまれてカス呼ばわりされるんだよ!

目障りなんだよ、母親共々死ねっ!」



私「先生、私の事はともかく、お母さんの悪口は言わないでください。

お母さんはいい人です、訂正してください。」



担「はぁ?

あのメス犬がいい人ぉ?

バカが、子供を産むしか脳がない、ケモノじゃないか。

なに上品な人間のフリしてんだ、失敗作もいいところだ。

私の目の前にまさに証明されている。

こんなガラクタを世に送り出しておいて、なにも責任をとろうとしない。

自分の責任を感じているなら、この失敗作を抹殺しろ!

浅ましい人間だから、こんな失敗作を生かしておくんだ。

それも四人もポコポコ産んで、イヤラシい。

男に媚びるしか脳がないから、子供をたくさん作るんだよっ!」



バアン!!

ガシャァ!!



大きな物音がして、背後を振り返ると木嶋先生が怒りをあらわにしていました。



木「小宮先生!

いい加減にしてください!

それが教師の言うセリフですか?

いいえ、教師以前のセリフです。

あなたは人としておかしい!

どこまでこの児童を侮辱しているんですかっ!」









いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  

スポンサーサイト

もんちゃく(少女時代80ー5)

なぞかけ(少女時代80ー3)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿