私「魔女……。」



サ「そうよ、きっとそうなんだわ、気持ち悪い…。

先生がしんじゅちゃんのことを責めるのも、当然よね…。」



私「あ、あの…。あの、私…。」



サ「人の考えている事が分かるんですもの、気持ち悪くてかなわないわ…。

特に悪いことを考えている人間には、ものすごく怖い…。

先生が、しんじゅちゃんを怖がるのも、当然よね…。」



私「あの…あの、サヨちゃんを気持ち悪がらせるつもりは…。

あの…、え…?」



サ「そうよ、先生なんて、ワルダクミしか考えていないんですもの。

そんな事、担任している児童に全てお見通しなんて、大人としてやってられないわ。

先生はしんじゅちゃんが、怖くて仕方ないのよ…。」



私「え…?あの、その、え??

あの、私、嫌われたんじゃ…え?」



サ「違うわ!私が嫌っているのは、あの担任の方よ!

当然じゃないっ!」



私「え、あの、だって、さっき、私のことを気持ち悪いって…。」



サ「なんで、助けてくれたしんじゅちゃんの事を気持ち悪がるのよ?

意味が分からないわ?

あれ?これってしんじゅちゃんの口グセよね?(笑)」



私「え?あ、あの、その…。」



サ「うぅん、誤解させるいい方して悪かったわ。

ちがうの、しんじゅちゃんの答えが、私の期待していたものと違っていたから…。


いいえ、違うわ、お父さんはきっとしんじゅちゃんは、そう言うだろうって予想していたの。

だから、その通りだったから、驚いたんだけれど。


いいえ、違うの、予想通りだからおどろいたんじゃない。

あまりにも期待はずれで、私が驚いてしまっただけ…。


どこかで、私、思っていた。


しんじゅちゃんだけには、そういう事を言って欲しくなかった…。

だって、あまりにも予想通りの答えだったから、私、どうしようもなく悲しくなってしまったのよ…。」










いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
ポチッと押してもらえると励みになります♪
  
スポンサーサイト

予想(少女時代83ー4)

魔女(少女時代83ー2)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿