私「それも私のせいじゃ…。」



サ「そう、しんじゅちゃんのせいじゃない。

しんじゅちゃんは、しんじゅちゃんでいるだけなの。

周りが勝手に傷ついちゃうの…。」



私「そんな…。」



サ「違うのよ、本当は担任が悪いのよ?

でも、もう深く考えたくなってしまうの。


しんじゅちゃんが、先生と戦っている時、なんて自分は無力なんだろうって、気持ちがしぼんでしまうのよ…。」



私「そ、そんな…。」



サ「馬場くんとお話してみたら、あの子もしんじゅちゃんのことを尊敬しているって。

できれば手助けしたい、でも、怖くてなにも考えたくないって…。

古橋くん、黒木くんもそう、今までしんじゅちゃんがかばった子たちは、ちがう意味でしんじゅちゃんを怖がってしまっているのよ…。」



私「知らなかった…。」



サ「私、お友達だった子たちに、しんじゅちゃんの事を聞いてみた。

そしたら、あの子はバカだとか、下品だとか、私の悪口を言わなかったのも、自分が悪目立ちしたいだけの迷惑な子だって言ってたわ。


まるで、先生と同じ事を言うの。

私、気づいたの、あの子たち、しんじゅちゃんを悪く思うことで、自分を守っているって。


この子が悪いから、先生にいじめられて当然なんだって。

だから、なにもしない自分はなにも悪くないって…。」



私「それは洗脳だよ!先生が悪いんだよ!」



サ「そうね、お父さんもそう言ってた。


しんじゅちゃんが、強ければ強いほど、誰の手助けも届かなくなる。

同年代の子供たちには、とても無理だろうって…。

それは子供たちのせいじゃない、しんじゅちゃんが特別だからだって…。」



私「そんな、それも私のせいじゃ…。」



サ「…私、見ちゃったの。」



私「え?」



サ「しんじゅちゃん二学期の通信簿をもらった時、開いて歩いていたでしょ?

その時、のぞいちゃったの。

しんじゅちゃんの通信簿には、3や4が並んでいたわ。

5が少しあったくらい。

そんなバカなっ!って思ったわ。

だって、クラスの上から5番目ぐらいの成績だったのよ!?

減点されてても、それだけの点数をとっていたのに、なんでって思ったわ。」



私「内申が低いからでしょ?」



サ「そう、しんじゅちゃんは、自分の通信簿を見て、平気そうな顔をしていた。

こんなもんかって感じの、どこかホッとした表情をしていたの。」



私「うん…。」



サ「いつも、この子、こういう扱いを受けていたんだわって衝撃だった…。

私よりいつも点数がよかったのに、あんな成績はありえないって…。

なんで、私はこの成績だったのって思ったら。」



私「サヨちゃんのおじいちゃんは、公務員だから、もう先生は狙ってこないよ。

サヨちゃんは、おじいちゃんに守られている。」



サ「お父さんも、そう言ってた。

あの先生は相手を見て、態度を変えてくるから、おじいちゃんの名前を出したのはお前を守るためだって。」



私「……。」



サ「私には、耐えられそうもないの…。

だから、しんじゅちゃんに、ずっと声をかけられなかったの。


自分がみじめに思えるから…。

どうしようもない、クズに思えてしまうのよ…。」



そうつぶやいて、サヨちゃんは、泣き出してしまった…。









いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
ポチッと押してもらえると励みになります♪
  
スポンサーサイト

宝石(少女時代83-16)

救済(少女時代83ー14)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿