私「ふぅん?」



兄「あぁ、おそらくは、という注釈付きだがな…。

俺は気づいているが、姉ちゃんも、父ちゃんも気づいていない。


母ちゃんは何も言わないけれど、きっと気づいている。

一番身近で見守っている存在なんだ、母親が気づいていないとは思えない。

しかも、父ちゃんみたいにマヌケな頭脳の持ち主でもないしな、ワザと黙っているんだろう…。

くくく…。」



私「わざと?なんでかな?」



兄「それはもちろん、母ちゃんなりに、なにか考えがあってのことだろう。

おそらく周りが大騒ぎして、まだ幼いお前の人格に悪影響を与えかねないのを危惧してのことと思われる。」



私「大騒ぎして、きぐ?」



兄「あぁ、心配しているって意味だよ。」



私「心配されるようなことなの?自分ではよくわからないけれど。」



兄「あぁ…。心配いらないよ?(笑)」



私「なぜ?」



兄「だって、家族で黙っているから。」



私「そう?それじゃ安心なのね?」



兄「そうだよ?安心していいんだよ?しんじゅは。」



私「?ではなぜ、さっきお前は騒がれないんだ?なんて言ったの?」



兄「くすす。

よく覚えているなぁ(笑)」



私「うん。」



兄「お前は何も心配いらないんだ…。

俺たちがしっかり守ってやるからな?」



私「…うん。うん?なんか変な感じがするけど?」



兄「何も心配いらない。」



私「???なんか、ひっかかるような気がするけれど…。」



兄「なぁんにも、心配いらないよ?

だって、お前は俺の大事な妹なんだもの。」



私「???うん?」



兄「そう、お前はごく普通の女の子だ。

何も気にしなくていい。」



私「うん。」



私は手元に持っているさきいかの袋に手をいれて、一つつかみ、自分の口にほおりこみます。



兄「そう、例え相手が30歳年上だろうと。

例え相手が教育免許を取得できる大学を卒業している高学歴者だとしても。

例えそれが自分を担当している教諭だとしても。

それを論破する小学生なんて、この世の中にそうそういない…。」



私「……。(むぐむぐ。)」



兄「そう、未だかつてこれほど論理構成力と言語能力の優れた小学生がいただろうかっ!(笑)」



私「……。(むぐむぐ。)」



兄「くすす、家庭教師も塾にも通っていない無学な小学生が。

たかだが10年の歳月しか生きていない無力な子供が。

極端な言いがかりに差別的扱いで無闇に圧力をかけられても、それを乗り越えて論破する。」



私「……。」



兄「そんな小学生がこの世の中のどこにいるっ!」



私「……。」



兄「これだけの能力を持った子供なら然るべき機関へと預ければきっとその才能を開花させ、華々しい未来は約束されたも同然だっ!」



私「……。」



兄「それを黙って見過ごすのか?

いいや、そうじゃない。

俺は、神に感謝したい気分だ!」



私「……。」



兄「これだけの才能を持った、まっさらな状態の生物を俺の前に与えてくれた!」



私「なまもの?」



兄「いや、神ではなく、両親に感謝しよう!

こんなおもしろい生物を俺の妹として与えてくれた!」



私「せいぶつ?」



兄「こんな面白いモルモットを公的機関などに渡してたまるものかっ!」



私「もるもっと?」



兄「こんなおもしろい生物を自分好みに染め上げて、洗脳するっ!

こんな楽しい生身のオモチャ、他にはないっ!

神よっ!感謝しますっ!!!」









いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
ポチッと押してもらえると励みになります♪
  
スポンサーサイト

無敵の戦士(少女時代84ー16)

記憶保持者(少女時代84ー14)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿