私「そう?」



兄「あぁ、控え目に言ってみたけど、ダメな大人の見本には変わりない。

童心を持っているだけかもしれないが、お前がそいつと遊ぶのは断固反対するからな。」



私「うぅん、遊ぶ事はないと思うから、大丈夫だよ?」



兄「なら、いいが…。

ふぅ、油断がならないな。

本当なら義政と遊ぶのも禁じたいぐらいだが、もう、俺もあいつと同じ通学団ではないし、もともとの近所づきあいもある。

無理には引き離せないしな、仕方ない。」σ(^_^;)



私「くす。

なんだかんだとヨッちゃんの事も心配しているのね?(笑)」



兄「あぁ、アイツも俺にとっては弟分みたいなものだしな。」



私「クスクス。」



兄「アイツはなかなか筋がいいぞ?」



私「え?」



兄「ぽっちゃりボディとは裏腹に頭の回転は悪くない。

語彙が少なくて、乱暴な言葉遣いが目立つが、物事の本質、基本を押さえている。


勉強に活かしきれていないのは残念だが、見込みのある男だ。

お前、アイツを大事にしろよ?」



私「クスクス、ヨシ君も下に弟が二人いて、お兄ちゃんタイプなのよね。

やっぱり長男はしっかりするものなのかしら?(笑)」



兄「あぁ、そうだな。

かなりぽっちゃりだが、面倒見がよくて、根はいいやつだ。

それに着眼点もいい。

気が短くて、やや気性が荒いのが難点だが、基本いい人材だな。」



私「クスクス。

それにあぁみえて繊細なところもあるわ?


こんなかしこまった言葉遣いをしてしまったら、緊張させてしまうでしょうから、彼の前ではわざと粗雑な言葉遣いをしているしね。(笑)

クスクス。


私、いつも男の子みたいな口をきいてじゃれているのよ?

楽しいわ。」(´∀`)



兄「あぁ、そうだろうな。

きっと緊張して本音を話しづらくなってしまうだろうから、普段からそのような言葉使いをしておいた方がいいだろうな。

気のおけない幼なじみというのも貴重なものだ。

大事にしろよ?」



私「うふふ、そうね。

男気があって、一本筋の通った気持ちのよい男の子だから、大事なお友達だわ。(笑)」(^∇^)




兄「…お友達ね!

義政、不憫なやつ。

こいつはまだまだ子どもだからなぁ。」(;^_^A



私「どうかした?」



兄「いや、別に、何も。」



私「そういえば、以前から常々気になっていたことがあるのだけれど、聞いてもいいかしら?」



兄「なんだ?」



私「どうしてお兄ちゃんは、そんなしゃべり方をするのかしら?

まるで小説かなにかみたいに、文章を読み上げているかのような印象を受ける、説明的なセリフなのよね。

それが気になっていて。」



兄「おかしいか?」



私「おかしいことはないけれど、ちょっと違和感を覚えるわね。

家族の間での会話にしてはよそよそしいというか、観察的で、感情がこもっていなさすぎるというか…。

聞いている分には、分かりやすくていいのだけれど、言い回しがやたら説明的に感じるのよね。」



兄「これはな、わざとだ。」



私「え?」



兄「俺がこんな話し方をするのは、お前の為なんだよ。」









いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
ポチッと押してもらえると励みになります♪
  
スポンサーサイト

私のため(少女時代84ー21)

ぱちぷれ(少女時代84ー19)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿