FC2ブログ

小島「あらあら、余計に意味通じなくなりましたわね。

やっぱり上田さん、ご自分でも意味が分からずに使ってらっしゃるんじゃないかしら?」





伊藤「そんな気がするね~。」





岡田「そうやって、多分。

ほんで意味もわからんと恥ずかしい真似しとるってことにも気づいとらんと思うわ。」(−_−#)





加藤「僕も意味がよく分からないな。

ただ、上島君をバカにするっていうのだけは、なんとなく伝わってくる。」





上島「それがさ、俺だけじゃないんだよ、このセリフ言ってんの。

他の男子にも言ってるんだよ、イカくさいって、鼻つまんで、騒いでてさ。

みんな、なんなの、アイツってカンカンでさ。」(  ̄っ ̄)





私「ん?そういえば、チラっと聞いた気がする。

イカ臭いとか、なんとか言ってたの。」





伊藤「そういえば、そうね、男子限定の悪口なのね。」





小島「女子には使いませんものね?

それこそ、しんじゅさんに真っ先に使いそうなものですのに…。

あっ!失礼。」(^▽^;)





私「いや、いいよ…。

ふぅむ、男子限定の悪口か…。

なんか、余計にきな臭い気がしてきたな…。



あまり追求しないほうがいいような気がしてきた。

もう、この話題、やめとこう。」(`・ω・´)





上島「そうか?

俺は結局、モヤっとしたままだけどな?」( ̄_ ̄ i)





私「どうしても気になるなら、家のお父さんに聞いてみるといいよ。

多分、意味を知っていると思う。」





加藤「あ、そうか。

お父さんもひっくるめての悪口だったもんね。」





私「ただし、私からのアドバイスで質問したってことは伏せておいて欲しい。」





上島「いいけど、なんで?」





私「最初から嫌な予感がビリビリしてくるんだ。

上島くんが家で、『同級生の女の子に言われてさぁ、意味分からなくて、お父さんに聞いたらって言われたんだ。

お父さん、意味知ってたら教えてよ』、とか言ったら、なにかマズイことになるような気がするんだ。」





上島「そりゃ、いいけどさ。

なんでさ。」





私「男子限定の悪口っていうのが引っかかる。

お父さんに聞くのが気まずかったら、年上のお兄さんとかでもいいと思う。

近所のお兄さんとかさ。



ん…なんか、ウチら子供だから、意味が分からないだけって気がするんだよな。

年上の人だったら知っている気がする。

相手を選んで質問してみて。」





上島「了解。」







私「間違っても女子中学生とか女子高生に聞くんじゃないぞ?

お母さんに聞くのもアウトだ。

多分、上島くんが怒られることになる。



私の第六感がビンビン警告してくる。



上島くんのためのアドバイスだ、心して聞いて欲しい。

質問する動機で、あくまで私の名前は出さずにだ。

面倒事に巻き込まれたくない。



むしろ、追求しないほうがいいような気がする案件なんだからな、もし、どうしても気になったら、のお話でお願いするよ。」(`・ω・´)





上島「わかったよ。」











いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  


スポンサーサイト

きな臭い・上田四季子という女12(125ー12)

豚かイカか?・上田四季子という女10(少女時代125ー10)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿