FC2ブログ

車を返却して、ホテルに戻ります。

もともと、ゆっくり、ゆったりした1日でした。

夕食は午後六時設定でしたが、レストランに入ると座席が用意されていて、もてなされている感が、いやがうえでももりあがります。

料理はアラカルトで、メニューを渡されたのですが。

まずはドリンクをオーダーして、後は適当にオーダーする感じだったのですが。

私は元々アルコールは飲めないので、ソフトドリンクしか頼めないのですが、まぁ、ジュース500円くらいしますよね。

目についたアスパラのサラダが600円とあります。

で、メインとなりそうなお料理がだいたい1,600円とか、1,800円〜とあります。
時価だよね。

そこにパスタとか、ピザとか頼むと、軽く4,000円くらいかかる気配。Σ(゚д゚lll)


あの、えと、しばらくメルカリとか、自炊生活が続いててね、金銭感覚がちょっとシビアになってたものですから、夕飯に4,000円超えとか、マジびびりました。

えぇ、いい年した大人ですよ?

冷静に考えると、リゾートホテルで夕食をとれば、それくらいかかると思うし、例えば飲み会とかでも、一度にそれくらい使うじゃないですか。

しかし、しばらく、あまり現金使わない生活を送っていて、ビビリました。

で、結局、実は前日の船酔いの関係で、コンディション万全でもなくてですね。

二人して、お昼ごはん、ソフトクリームだけとか、セーブしてたんで、後はドリンクのみで、本調子でなかったからね。

二人して、サラダを1つオーダーして、シェアしつつ、それぞれドリンクとメインをオーダーして、余裕があったら、ピザでも頼もう、となりまして。

私、せっかく長崎まで来たものですから、海の幸をいただきたいと思いまして、魚料理を頼みました。




鯛の香草の包み焼きです。


アスパラのサラダは、食べ応えがあって、二人でシェアしても十分なものでしたし。

二人とも、メインがしっかりした量があったのですよ。

味付けは、あっさりですが。
素材の旨味が凝縮された、滋養のある味わい。

生命をいただく、という感じ。

スーパーで売っている、安くて味はいいけど、食べた気にならない、エネルギーを感じない食べ物とは、全く違う。

しっかりした量もあったし、エネルギーをいただいた感じで、お腹いっぱいになりましたよ。

普段、口にしているものより、もう千円、二千円グレードをあげるだけで、こんな世界があったのか、と。

驚きというか。

安かろう、まずかろうの世界で生きてきていたような気がしてきました。

大げさだけど。

自分にお金かけるなんて、もったいないっていう信念で生きてきていたんだなって。

なんだ、この世界。

カーテン一枚ほどの違いで、こっち側へ移動できるんじゃんって。

なんか、感動したよ。


すまん、おおげさで。σ(^_^;)

ずっと体調悪くて、思うように体が動かなくて、なかなか出歩けないし、ならせめてお金ためとこうって、そんな自縛?みたいになってたみたいね。


まだ、外は明るくてホテルの前を散歩したよ。




神写真や。(╹◡╹)

ビュー

風が強くてスカートが前に盛大にまくれたよ。


私「サービスショットや。
って自分で言っちゃうあたり、おばはんやな。
目の前谷やし、だれも見てへんわ。
って、ガイドがつっこみそう(^ν^)

紙兎ロペならどう言うかな?」

白い春ちゃん「センパーイ、誰も見てませんよ(^.^)
って感じ?」

私「んだよ、そんなコト言うなよ〜。
俺だって、内心そう思ってんぜ、ハハー(笑)」

白い春ちゃん「ソッスよねー、ハハー(笑)」

私「どうせなら、オーシャンビューとかオシャレなコト言ってくれよ、ハハー(笑)」

白い春ちゃん「センパイ、サーセン(笑)」

私「イッスヨー(笑)」


てな感じにぬるい笑いで、なるくなって。
はぐれヤギを連写しましたが、写真添付できず。

はぐれヤギ純情派、これぞ旅情ミステリーなのです。












いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

長崎長崎港町♪続編

五島列島は素晴らしかったのよね

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿