FC2ブログ

みなさん、お忘れだろうか、実はしんじゅ✩♪はヘミシンクをする人、通称へミシンカーである。



最近のお金事情にばかり気がいっちゃってて、貧乏ネタを披露しまくりで、全然スピリチュアル度が低温のこのヘミシンクブログ。



そろそろ本題のヘミシンクネタ…というか、BMメソッドレベル3を受けてきた、というお話をしてみたいのである。



7月6日(金)から7月8日(日)までの三日間、千葉県某所で、セミナーを受講してきた。



またしても、写真添付ができなくて残念であるが、実は写真の内容は全国からあつまったうまいもん市場の画像であって、まったくBMメソッドとは関係のないものである。



長崎旅行でも、せっかく添付できた画像の大半が美味しいものばかりで、こいつ旅行に行っといて、飯食っとるだけじゃねぇかとか思われては心外である。

ほんとは綺麗な景色もたくさん写真を撮ったのだが、私の技術不足による添付できていない、というだけのお話。





さて、レベル3は二回目。

昨年の7月にも東京で開催されて、今回はしっかりとした知覚をしたいなぁと思っての参加である。

BMメソッド、説明いるか?いらないよね、うんうん。



一応説明しとくと、私が元々やっていたのが、ヘミシンク。

アメリカ人のモンローさんというラジオ局を持っているようなお金持ちが、体外離脱を音響設備で体験できたらいいなぁって感じで色々研究した結果、ヘミシンクCDを聞くことで、脳に深いリラックスや、リフレッシュや、人によっては霊的体験ができちゃうってのを実現可能にしたものだ。



ヘミシンクの霊的うんぬんを前面に押し出すと、うさんくささが出てしまうが、真面目なCDだ。



アメリカでは、学習障害を持った子供たちに、BGMとして聴かせると、情緒が安定したとか、学習能力がアップしたとか、マジに研究されて成果が学術的に公表されている、うさんくささとは真逆のとてもよいCDだ。

または、終末期医療を受けている患者さんにもいい感じで作用している。

これも病院で実際に使用されているから、アメリカでは実用化されている素晴らしいCDなので、ほんと誤解しないでもらいたい。



詳しくは『全脳革命』ロナルド・ラッセル著を、参照されたい。



そして、BMメソッドとはこれまたアメリカ人のブルース・モーエンさんが開発したメソッドで、彼もまたヘミシンクを知って、モンロー研究所にいって、体外離脱とかしてみたいとあれこれ試行錯誤した元エンジニアの理系の精神構造をした男性だ。



で、ヘミシンクはヘッドフォンを使って、CDを聴くことで、強制的に脳波をチューニングして、ある一定の脳波が出せる状態に持っていくものであって、ある意味どんな人もなにがしかの体験ができるはずのツールとなっているのだが。



とにかく、ヘミシンクというやつは、体験に個人差が激しい。

要するに、CD聴いたけど、なんも感じへんけど?と、飽きやすいとか、これ、意味ないじゃん、と離れやすくなってしまう、というデメリットがある。



そこで、ブルースさんは考えた。

誰でもなにか体験できるはずだ。

もっといい方法がないかと、試行錯誤して、誰でも非物質の世界を探訪できるというメソッドを開発した。

それがブルース・モーエンメソッド。



要するにCDを使わずして、ヘミシンクのCDを聴いたのと同じような体験ができるようにするメソッド。

特に死後の世界の探索に特化したメソッドと言える。



詳しくは『死後探索』著ブルース・モーエンを参照されたい。



図書館でも借りれるよ?



ちなみに、私はどっちも読破していない、なんちゃって、へミシンカーであり、なんちゃってスピリチュアリストである。



あまり私の言うことは信用しないように、ぜひ、真面目な方は書籍を購入してきちんと理論を理解されてからいろいろ試していただくといいのかな、なんて思うのであります。



で、小難しい説明はおいといて、私はBMメソッドのトレーナーのHeleneさんのファンであり、ゆうじさんやとむさんも好きなので、彼らの主催するセミナーに参加すべく、いそいそと新幹線に乗り込んで関東いりしたのだった。(←オイ)



それが、大雨で関西が大変なことになっている時だったのだが、能天気しんじゅは、あれれ?全然傘使わないで目的地についちゃったよ?的なノリでセミナーへと参加したのだった。





つづく。












いつも最後まで読んで下さりありがとうございます。
↓応援よろしくお願いいたします↓
  
スポンサーサイト

なにを得たいか?BMレベル3

積極的ひきこもり

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿